ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > 竹花選手と小松選手『第8回アジア太平洋ろう者競技大会』に出場決定!

更新日:2017年3月16日

ここから本文です。

竹花選手と小松選手『第8回アジア太平洋ろう者競技大会』に出場決定!

2015年7月19日に開催された『第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会(鳥取県鳥取市)』において、
横須賀市立ろう学校教諭の竹花康太郎選手が男子棒高跳で4m20を跳び見事優勝されました。

また、同校教諭の小松彩香選手も女子100mで12.69という成績を残し優勝。400mでも1時間07分35秒で優勝。400mハードルでも1時間08分58秒で優勝と大活躍をされました。

これにより、日本聴覚障害者陸上競技協会から日本代表としての派遣決定を受けて『第8回アジア太平洋ろう者競技大会』への出場が決まりました。

竹花選手、小松選手、おめでとうございます。

『第8回アジア太平洋ろう者競技大会』は、10月3日~11日に台湾の桃園で開催され、竹花選手は110mハードルに、小松選手は100mと200mに出場します。

両選手の大会での大活躍を期待しています。

 

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課 担当:社会体育係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?