ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > わんぱく相撲全国大会に出場する監督と選手が市長を訪問しました

更新日:2017年7月27日

ここから本文です。

わんぱく相撲全国大会に出場する監督と選手が市長を訪問しました

 

7月24日(月曜日)、「第33回わんぱく相撲全国大会」に出場する監督と選手、保護者のみなさまが市長を訪問されました。

170724わんぱく相撲14月22日(土曜日)に開催された「わんぱく相撲横須賀場所」で活躍をし、その後稽古をつんで横須賀代表となった岡田海李選手(6年生)、梶谷真夢選手(5年生)、本多正虎選手(4年生)は、7月30日(日曜日)に両国国技館で開催される「第33回わんぱく相撲全国大会」に出場します。

横須賀わんぱく相撲クラブの代表を務める佐山恵一監督から選手紹介と大会の概要を説明していただきました。選手3人は、大会前日に横綱稀勢の里や大関高安が所属する田子ノ浦部屋に宿泊し、大会に臨みます。

上地市長から全国大会での抱負を聞かれると、3人とも「優勝を目指しています!!」と力強い返事がありました。

170724わんぱく相撲2

選手の皆さま頑張ってください。

170724わんぱく相撲3

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課 担当:社会体育係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?