ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > レスリング大会で活躍したジュニア選手が市長を訪問しました

更新日:2017年8月15日

ここから本文です。

レスリング大会で活躍したジュニア選手が市長を訪問しました

 

8月15日(火曜日)、レスリング競技の全国大会で準優勝した新倉すみれ選手、東日本大会で優勝した竹内美保子選手、両選手の保護者・弟妹、横須賀市体育協会、横須賀レスリング協会の皆様が市長を訪問されました。

【大会結果】

  • 新倉すみれ選手

「第43回全国中学生レスリング選手権大会」女子の部70kg級<準優勝>

  • 竹内美保子選手

「第31回東日本少年少女レスリング選手権大会」5‣6年生女子の部36kg級<優勝>

170815レスリング選手1
大会で獲得した賞状とメダルを上地市長に見せる新倉すみれ選手

新倉すみれ選手は市民スポーツ教室がきっかけでレスリングを始め、それまでは少林寺拳法や陸上競技をして身体を動かしていたとのことです。

また、両選手は、横須賀市体育協会が主催する「横須賀ジュニアトップアスリートアカデミー」にも所属しており、トップアスリートを目指した活動をされています。

竹内英明体育協会会長からは「横須賀の選手が活躍できるよう今まで皆が必死になって活動してきている。このような良い結果が出て非常にうれしい。」と話しがありました。

大久保忠光レスリング協会理事からは「大きな舞台では心の持ちようが大事。体育協会で学んだ精神面の学習などを大会に生かしていきたい。」と語られました。

上地市長は「高校生の頃にレスリングと柔道をやっていたので馴染みの深い競技。活躍されたことは大変うれしい。頼もしい。」と選手にお祝いの言葉を贈りました。また、体育協会、レスリング協会の皆様にも「子供(選手)を育てることはうれしいこと。指導に励んでくれてありがたい。」と感謝を述べました。

新倉すみれ選手、竹内美保子選手これからも頑張ってください!!

170815レスリング選手2

訪問者

  • 新倉すみれ選手(大楠中3年生)
  • 竹内美保子選手(大矢部小6年生)
  • 選手の保護者・弟妹
  • 竹内英明会長(横須賀市体育協会)
  • 内海雄三副会長(横須賀市体育協会)
  • 田中靖和理事長(横須賀市体育協会)
  • 山下薫会長(横須賀レスリング協会)
  • 大久保忠光理事(横須賀レスリング協会)

参考

  • 横須賀ジュニアトップアスリートアカデミーは、横須賀市体育協会が平成28年度より開始した強化事業です。ライフル射撃、レスリング、新体操、セーリングを東京五輪に向けた特定競技として指定し、ジュニア選手の発掘・育成を図っています。
    当アカデミーでは、各競技のトレーニングを行うほか、スポーツ学習プログラムによりスポーツに必要な知識の習得を図るなどトップアスリートを目指した活動をしています。

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課 担当:社会体育係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?