ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > WBCムエタイ世界チャンピオン吉成名高選手が市長を訪問しました

更新日:2018年5月10日

ここから本文です。

WBCムエタイ世界チャンピオン吉成名高選手が市長を訪問しました

5月9日(水曜日)、WBCムエタイ世界ミニフライ級王座の吉成名高選手(浦賀中学校出身、現在高校3年生)と所属するエイワスポーツジムの中川夏生代表、小瀬村明氏が市長を訪問し、ムエタイを始めたきっかけや今後の意気込みなどを話していただきました。

市長を訪問した吉成名高選手、,中川夏生代表、小瀬村明氏

吉成名高(よしなりなだか)選手は、小学5年生の時にタイで初めて見たムエタイの試合で奥深さを知り、本格的にムエタイを始めたようです。所属しているエイワスポーツジム(横浜)などで日々練習に励み、年間数回のタイでの試合に出場するなど、両親の後押しとご自身の努力で、現在は最年少世界チャンピオンとなっています。

【吉成選手の戦績等】

22戦18勝(9KO)4敗(日本人無敗)〔2018年4月8日現在〕
エイワスポーツジム所属

  • 2018年4月8日:WBCムエタイ世界ミニフライ級王座を獲得
  • 2017年4月8日:WMC世界ピン級王座を獲得
  • 2016年4月3日:プロデビュー(当時中学3年生)
  • プロデビュー前はアマチュアで17冠王座を獲得

チャンピオンベルトを手に持つ吉成名高選手と市長

所属ジムの中川代表は「初めに名高(選手)を見たときに、"身体能力が普通じゃない素晴らしい"と感じた。毎日階段ダッシュをするように指示し、それを毎日実践する精神力もある。今後もっと楽しみな選手です。」と名高選手を絶賛。

吉成選手からは「今後は残す3大タイトルのベルトを獲得したい。」と意気込みも語ってくれました。

上地市長からは「継続して続けられる精神を持っていることは素晴らしい。良い出会いがありこのような活躍もある。これからも頑張ってほしい。」とエールを送りました。

吉成名高選手の次の試合は5月16日〔開催地:タイ〕です。

吉成選手これからも頑張ってください!!


左から、中川夏生代表、吉成名高選手、上地克明市長、小瀬村明氏

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課 担当:社会体育係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?