ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2019年7月) > 選手寮で提供される『青星寮カレー』が横須賀市内約1万8000人分の学校給食として登場!(2019年7月10日)

更新日:2019年7月10日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

選手寮で提供される『青星寮カレー』が横須賀市内約1万8000人分の学校給食として登場!(2019年7月10日)

横須賀市(市長:上地克明)、横須賀市教育委員会(教育長:新倉聡)、株式会社横浜DeNAベイスターズ(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:岡村信悟)は、食を通した健康づくりを目的として、若手選手寮である青星寮(せいせいりょう)で選手が実際に食べている『青星寮カレー』を、横須賀市内の学校給食実施校のメニューとして実施することを決定いたしました。球団管理栄養士監修の下、レシピを学校給食用にアレンジし、約1万8000人分の給食献立として提供いたします。

『青星寮カレー』は若手選手が生活する青星寮で長年提供されてきた名物料理です。寮で暮らす選手たちが、いつでも食べられるように飽きのこないシンプルな味に仕上げ、数々の名選手を育ててきました。

このたび、横須賀市の学校給食としても『ベイスターズ青星寮カレー』の名で学校給食実施校、約1万8000人の子どもたちに味わっていただくことで、横浜DeNAベイスターズをより身近に感じていただくと共に、ベイスターズ選手のような強い身体をつくるための食の大切さを伝えていきます。当日は、横須賀市のマスコットキャラクター「スカリン」と、横浜DeNAベイスターズのマスコットキャラクター「DB.スターマン」がデザインされたオリジナルパッケージのゼリーも登場いたします。ゼリーオリジナルパッケージ

青星寮カレー

 

 

左:青星寮カレーイメージ、右:ゼリーオリジナルパッケージイメージ

学校給食実施校における青星寮カレー

実施日と実施校

9月17日(火曜日):追浜小、桜小、公郷小など計28校

9月19日(木曜日):岩戸小、栗田小など計12校

9月20日(金曜日):根岸小、望洋小など計8校

横須賀市立の小学校(46校)、ろう学校(1校)及び養護学校(1校)

<全48校約1万8000人>を5つのグループに分けて、実施いたします

 


お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?