ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施策・計画 > 横須賀市集客促進アクションプラン

更新日:2016年3月3日

ここから本文です。

横須賀市集客促進アクションプラン

横須賀市集客促進アクションプランについて

「横須賀市集客促進アクションプラン」は、「横須賀産業ビジョン2011」の実行計画であり、2011年度(平成23年度)から2015年度(平成27年度)までの5年間で、観光集客を戦力的にすすめていくためのプランです。

 

横須賀市集客促進アクションプランの概要

観光の動向

光客の割合としては宿泊客よりも日帰り客の方が多く、本市では日帰り客の割合が90%以上となっています。また、市内の主要な集客施設の利用客は毎年増加傾向であるのに対し、宿泊施設の利用客は減少傾向となっています。

市内外から見た横須賀

「横須賀産業ビジョン2011」策定にあたり、旅行エージェントに対してインタビュー調査を実施しました。その中で、本市に対する意見として、「インフラ整備の必要性」「PR強化」が特に多くあがりました。

た、市外で駅キャンペーンを実施した際に行ったアンケートでは、本市への来訪経験がある方が全体の約63%で、横須賀のイメージとしては”海軍”という意見が最も多くあがりました。

課題と基本方針

光の動向や本市への意見をもとに、集客の課題を「「集客数」「観光消費額」「インフラ」「観光資源のPR・情報発信」の4つとしました。

また、基本方針を定め、「市内消費の拡大」を図ることを目的とし、消費拡大に向けて「消費単価の向上」と「集客数の拡大」に取り組むこととしました。

集客戦略と事業展開

客をするにあたり、「年代」「地域」の2つでそれぞれ重点ターゲットを設定し、「地産地消」「行楽・体験」「トワイライト」の3つをキーワードとして戦略的に集客をおこなっていきます。

体的な事業としては、集客を「一般集客」「団体集客」「イベント集客」の3つに分け、既存の観光資源やイベントなどを維持しつつ、新たな事業も展開していきます。

集客促進アクションプランの目標

後5年間で「観光客数」「宿泊施設利用客数」「観光バス駐車台数」「ボランティアガイドの利用人数」をそれぞれ増やし、集客促進アクションプラン全体で、現在の観光消費額から約40億円以上増やすことを目指します。

 

横須賀市集客促進アクションプラン全文

横須賀市集客促進アクションプラン(PDF:799KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ観光部観光課 担当:集客プロモーション担当

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 観光課」で届きます>

電話番号:046-822-9577

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?