ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2019年3月) > 日本遺産を味わって~日本の近代化を支えた横須賀が生んだソフトフランス~(2019年3月19日)

更新日:2019年3月19日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

日本遺産を味わって~日本の近代化を支えた横須賀が生んだソフトフランス~(2019年3月19日)

明治期から大正にかけて、目覚ましい発展を遂げた「鎮守府」のまち、横須賀・呉・佐世保・舞鶴。四都市の歴史に基づくストーリー「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」が文化庁の日本遺産に認定されています。
横須賀は幕末明治期に横須賀製鉄所を建設するため、来日したフランス人技術者の食事として、いち早くフランスパンを作っていた地です。日本人向けに、フランスパンとは一味違う丸い形でやわらかい口当たりの「ソフトフランスパン」が市内のパン屋さんで考案され、今では横須賀名物として愛されています。
このたび「よこすかパンまつりinモアーズシティ」で地元のパン屋さんに協力していただき、ソフトフランスパンの包装袋にソフトフランスパンの起源と日本遺産を紹介したシールを初めて貼って販売します。今後開催される同様のイベントなどでも継続してPRが実施される予定です。
また、日本遺産とソフトフランスパンがタイアップすることを記念し、パンまつりで旧軍港四市のご当地パンが初めて販売されるほか、旧軍港四市の日本遺産パンフレットなども配布します。
横須賀の「ソフトフランスパン」をはじめ、呉の「メロンパン」「平和パン」「ナナパン」、佐世保の「焼芋あんぱん」、舞鶴の「肉じゃがパン」「海軍カレーパン」を召し上がりながら旧軍港四市の日本遺産を知って、各市を訪れていただきたいと考えています。

ソフトフランスパンに貼付するシール

1.開催日時

平成31年3月23日(土曜日)11時00分~14時00分
※雨天決行

2.会場

横須賀モアーズシティ(横須賀市若松町2-30)
1階ストリート、8階サンパティオ、9階屋上ガーデンテラス

3.内容

(1)日本遺産PRコーナー(旧軍港四市のご当地パン限定販売、パネル展示、チラシ配布)

 

横須賀

ソフトフランスパン

メロンパン、平和パン、ナナパン

佐世保

焼芋あんぱん

舞鶴

肉じゃがパン、海軍カレーパン

商品名 ソフトフランスパン メロンパン、平和パン、ナナパン 焼芋あんぱん 肉じゃがパン、海軍カレーパン
個数 100袋 メロンパン50個
平和パン20個
ナナパン30個
100個 肉じゃがパン50個
海軍カレーパン50個

 

(2)三浦半島のパン屋さんの出店(10店舗)

(3)スタンプラリー(集めた方先着200名にパン消しゴムをプレゼント)

(4)インスタ映えコーナー(大型パンクッション、顔出しパネルなどの設置)

4.その他

主催

よこすかパンまつり実行委員会

協力

横須賀モアーズシティ、横須賀市、一般社団法人横須賀市観光協会

お問い合わせ

文化スポーツ観光部観光課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 観光課」で届きます>

電話番号:046-822-9672

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?