ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2019年4月) > 「カレーの街よこすか」20周年の取り組みについて(市長記者会見)(2019年4月9日)

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

「カレーの街よこすか」20周年の取り組みについて(市長記者会見)(2019年4月9日)

取り組み第1弾

本市が「カレーの街よこすか」を推進して、今年で20周年を迎えます。

カレーを活用したまちづくりの取り組みは、平成10年12月に、当時の海上自衛隊横須賀地方総監から「カレー発信の地として地域の活性化に利用してみては」という趣旨のご提案をいただいたことをきっかけにスタートしました。

本市だけではなく、カレーの事業者、商工会議所、官民一体となって、全国に向けPRをし続けた結果、今や横須賀といえば「カレー」というイメージが浸透しました。

今年は「カレーの街よこすか」20周年に関する取り組みを次々に実施いたします。

1.「よこすかカレー大使」の任命

全国的に発信力の強い、カレー・スパイス料理研究家一条もんこ(PDF:81KB)さんを「よこすかカレー大使」として任命し、一年間、「カレーの街よこすか」を積極的にPRしていただきます。

2.食品メーカーとタイアップした新たな商品開発

ハウス食品株式会社およびエースコック株式会社による「カレーの街よこすか」20周年のロゴを付した商品の全国販売

3.カレーの街よこすか事業者部会による「20円トッピング」キャンペーン

5月18日(土曜日)から6月30日(日曜日)まで、よこすか海軍カレーを販売している店舗のうち20店舗では、よこすか海軍カレーを注文していただいた方に限り、20円を追加でお支払いいただければ、細切りチーズやまぐろのフライなどのトッピングサービスをいたします。(サービスの内容は各店舗で異なります)

4.「よこすかカレーフェスティバル2019」における新たな取り組み

従来のカレーフェスティバルのイベント内容に加え、新たに「カレーやきそば」部門を設け、首都圏でカレーイベントを実施している「横須賀」「神田」「下北沢」の3つの地域の販売数を競います。

また、同イベントには、年々訪日外国人の来場が増えていることから、英語通訳スタッフを会場に配置します。

さらにダンスフェスティバルを同時開催し、オープニングでは、カレーフェスティバルバージョンのダンスを披露します。

食と音楽とダンスの融合を図り、イベントのエンターテイメント性も高めていきます。

今後の流れ

そのほか、海上自衛隊やアニメなどのコンテンツとの連携をはじめ、カレーに関するシンポジウムの開催など、夏から秋にかけて、第二弾としてさまざまな取り組みを企画してまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ観光部観光課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 観光課」で届きます>

電話番号:046-822-8294

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?