ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2020年3月) > 米海軍横須賀基地における新型コロナウイルス感染者の発生について(2020年3月26日)

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

米海軍横須賀基地における新型コロナウイルス感染者の発生について(2020年3月26日)

本日、外務省から米海軍横須賀基地における米海軍兵の新型コロナウイルスの感染について、以下のとおり情報提供がありましたのでお知らせします。

なお、本市では今後も適切な情報提供がなされるよう外務省に要請しました。

概要

  • 横須賀海軍病院は、米海軍基地に配属されている米海軍兵が、日本に勤務する米軍関係者の初の新型コロナウイルス感染者となったことを確認しました。
  • 3月26日、当該の海軍兵は検査により新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、現在は基地内で隔離されています。
  • 現役海軍兵である患者は、3月15日に米国への旅行から戻って以降、移動制限下にありました。この海軍兵は現在基地内で隔離措置がとられており、外部の者とは自由に接触することができません。この海軍兵と直接接触しなかった者への感染リスクは低いです。
  • 公衆衛生の専門家が、この海軍兵と接触した可能性のある人物と連絡を取り、検査を行うべく追跡調査を行っています。患者のプライバシー保護に配慮しつつ、更なる情報についてはわかり次第お知らせいたします。
  • 患者の症状の発症から鑑みて、この海軍兵はアメリカで感染したものと見られます。

お問い合わせ

渉外部基地対策課

横須賀市小川町11番地 本館1号館3階<郵便物:「〒238-8550 基地対策課」で届きます>

電話番号:046-822-8140

ファクス:046-827-8878

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?