ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施設 > 施設利用予約 > コミュニティセンターの予約について(公共施設予約システム) > コミュニティセンターのペナルティ制度について

更新日:2020年8月20日

ここから本文です。

コミュニティセンターのペナルティ制度について

1 無断キャンセルについて

予約した部屋のキャンセルをせず、予約した部屋を利用しない、いわゆる「無断キャンセル」が
発生しています。

こういった無断キャンセルは、「部屋が空いているなら利用したかった。」という他の団体が
部屋を利用する機会を奪っています。

無断キャンセルを防止し部屋を有効利用するために、令和2年6月1日利用分から無断キャンセルに
ペナルティを課す制度を開始しました。

2 無断キャンセルの判断

次のような場合、無断キャンセルと判断し団体にペナルティポイントを1ポイント付加します。

  1. 予約をしている時間の開始後に、コミュニティセンターに連絡し予約をキャンセルした。
    (貸室を利用していない。)
  2. 予約している時間が終了しても、コミュニティセンターへ連絡せず、来館しない。
    (貸室を利用していない。)

例 ある団体が午後2時から午後3時まで予約をしていた場合

 No.

 予約キャンセルの連絡

判断

ペナルティポイント

予約前日の午後11時45分 予約システムで予約をキャンセル

通常のキャンセル

なし

予約当日の午後1時57分 電話で予約をキャンセル

通常のキャンセル

なし

予約当日の午後2時35分 電話で予約をキャンセル

無断キャンセルと判断

1ポイント

予約時間が終了しても 電話連絡なし・部屋の利用もなし

無断キャンセルと判断

1ポイント

 

3 ペナルティによる利用制限

無断キャンセルに対するペナルティの付加は、以下のように行います。

  1. 団体には無断キャンセル1回につき、ペナルティポイントを1ポイント付加します。
  2. 1ヶ月間に付加されたペナルティポイントを合計します。
  3. ある1ヶ月のペナルティポイントが2ポイント以上になった場合
    その月の3ヶ月後と4ヶ月後はコミュニティセンターの利用ができません。

 

例 ある団体が7月に無断キャンセルを2回した場合

  1. 7月のペナルティポイントを合計
    ペナルティポイントの合計が2ポイントなので、この団体の利用を制限します。
  2. 3ヶ月後・4ヶ月後の利用を制限
    この団体は、7月の3ヶ月後と4ヶ月後にあたる10月・11月のコミュニティセンターの利用が
    制限されます。

(参考)

  • 抽選予約ができなくなるのは
    利用を制限されている10月の利用を申込む8月と、11月の利用を申込む9月です。
  • 先着予約ができなくなるのは
    利用を制限されている10月と11月です。

4 ペナルティポイントの確認方法 

ペナルティポイントが付加された場合、公共施設予約システムにログインし
トップページ左側にある「メッセージ(通知)」ボタンを押すと、
現在のペナルティポイントの状況を確認することができます。

お問い合わせ

市民部地域コミュニティ支援課

横須賀市小川町11番地 本館2号館1階<郵便物:「〒238-8550 地域コミュニティ支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8303

ファクス:046-827-4803

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?