ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 性的マイノリティ > 性的マイノリティの方も活用できる制度など

更新日:2020年9月18日

ここから本文です。

性的マイノリティの方も活用できる制度など

同一世帯での住民登録

同性パートナーの方も、生計が同一ならば、同一世帯として住民票が作成できます。

  • 問い合わせ先:市民部窓口サービス課(住民記録係)046-822-8213

同一世帯としての国民健康保険への加入

国民健康保険への加入は、住民票上の世帯を単位としていますので、同一世帯に住民登録されている方は、同一世帯の国民健康保険被保険者となり、別々に単身世帯として合わせて支払うよりも保険料が安くなる場合があります。

  • 問い合わせ先:福祉部健康保険課(保険料係)046-822-8233

生活保護制度

生活保護制度では、同一の住居に居住し、生計を一にしている方は、同性パートナーの方を含めて、原則として同一世帯員として認定します。

  • 問い合わせ先:福祉部生活福祉課自立支援担当(面接相談係)046-822-8519

里親について

同性パートナーの方も、里親になることができます。

里親については、こちらをご覧ください。

  • 問い合わせ先:こども育成部児童相談所046-820-2323

介護保険の申請について

同性パートナーの方も含めて、どなたでも介護保険の要介護認定の申請ができます。

要介護認定についてはこちらをご覧ください。

  • 問い合わせ先:福祉部介護保険課認定係046-822-8310

家族介護慰労金について

同性パートナーの方も、家族介護慰労金の支給申請ができます。

家族介護慰労金についてはこちらをご覧ください。

  • 問い合わせ先:福祉部健康長寿課福祉サービス係046-822-8255

お問い合わせ

市民部人権・男女共同参画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 人権・男女共同参画課」で届きます>

電話番号:046-822-8219

ファクス:046-822-4500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?