ホーム > よくある質問 > 戸籍・住民登録 > 住民登録 > 住民基本台帳カード(住基カード)が交付されていれば、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用できるのか。

更新日:2018年1月22日

ここから本文です。

住民基本台帳カード(住基カード)が交付されていれば、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用できるのか。

質問カードNO:3813

質問

住民基本台帳カード(住基カード)が交付されていれば、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用できるのか。

回答

現在、住基カードに電子証明書を入れている方は、電子証明書の有効期限までご利用いただけます。
ただし、平成28年1月以降は住基カードに新たに電子証明書を(更新も含む)入れることができませんので、住基カードの電子証明書の有効期間が過ぎている場合には、個人番号カードを作成し、その中に電子証明書を入れてご利用ください。

その他、以下の機器や届出が必要です。
・「インターネットに接続可能」「動作環境を満たしている」「公的個人認証サービスポータルサイトからダウンロードした利用者クライアントソフトをインストールした」パソコン
・ICカードリーダライタ(動作検証済のもの)
・e-Taxのホームページ等から利用開始の届出
詳細は下記の関連情報をご参照ください。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:住民記録係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8213・8214

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?