ホーム > よくある質問 > 戸籍・住民登録 > 住民登録 > 公的個人認証(電子証明書)の有効期限はいつまでですか?

更新日:2017年2月23日

ここから本文です。

公的個人認証(電子証明書)の有効期限はいつまでですか?

質問カードNO:4174

質問

公的個人認証(電子証明書)の有効期限はいつまでですか?

回答

住民基本台帳カードに格納されている公的個人認証(電子証明書)の有効期限は、交付の日から3年間です。
マイナンバーカード(個人番号カード)に格納される公的個人認証(電子証明書)の有効期限は、発行の日から5回目の誕生日までです。

注意事項
マイナンバー制度開始により、「マイナンバーカード(個人番号カード)」の発行へ移行されることに伴いまして、住民基本台帳カード向けの公的個人認証(電子証明書)の新規発行・更新は終了いたしました。

現在、住民基本台帳カードに公的個人認証(電子証明書)を入れている方は、有効期限まで利用できます。ただし、有効期限満了後は住民基本台帳カード向けの公的個人認証(電子証明書)の新規発行・更新ができませんので、マイナンバーカード(個人番号カード)を作成し、そちらを利用していただきます。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:住民記録係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8213・8214

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?