ホーム > 市政情報 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > マイナンバーカード(個人番号カード)交付のご案内[マイナンバー制度]

更新日:2021年9月7日

ここから本文です。

マイナンバーカード(個人番号カード)交付のご案内[マイナンバー制度]

マイナポイントの期間が令和3年(2021年)12月末まで延長になりました。令和3年(2021年)4月末までにマイナンバーカードを申請した方はマイナポイントの対象となります。

「交付通知書」(はがきサイズの青い封筒でお送りしています)をお持ちの方で、マイナンバーカードを受け取られていない方は、交付期限後の交付も可能ですので、お早目の受け取りをお願いいたします(転出等を除く)。

 

マイナンバーカード交付会場は、非常に混雑することがあります。混雑状況によっては、交付にお時間をいただくことがございます。お時間に余裕をもってお越しください。

※令和3年9月2日現在、マイナンバーカード交付会場の混雑は解消しております。

(交付には30分程度のお時間をいただきます。)

 

 

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、会場の消毒を適宜実施しています。 

 

なお、市民サービスセンター(役所屋)中央店で予約制の窓口も開設しておりますので、ご利用ください。予約方法等については以下をご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)について

マイナンバーカード(個人番号カード)の表面には顔写真、基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)及び有効期限が記載され、裏面には個人番号、氏名、生年月日が記載されます。マイナンバーカード(個人番号カード)は公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準装備されます。

  • 署名用電子証明書とは・・・確定申告等の電子申請手続きに利用できます。
  • 利用者証明用電子証明書とは・・・現在、国においてコンビニ交付サービスやマイナポイント予約(マイキーID)など、様々な利用方法が用意され、また今後も増える予定です(健康保険証など)。
    コンビニ交付サービス:マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、全国各地のコンビニエンスストア等で住民票の写しなどの証明書が取得できるサービス(横須賀市は令和2年2月17日(月曜日)からサービスを開始しました。)
  • コンビニ交付サービスについて詳しくはこちらをご覧ください。
  • マイナポイントについては詳しくはこちらをご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)の取得は希望する方のみです。初回交付手数料は無料です。
(紛失等によるマイナンバーカード(個人番号カード)の再交付には手数料1,000円(電子証明書再発行手数料200円を含む)がかかります。)

 

マイナンバーカードのセキュリティ対策については、国(内閣府)の「社会保障・税番号制度」のホームページをご覧ください。

(内閣府)「マイナンバー社会保障・税番号制度」(外部サイト)


マイナンバーカード(個人番号カード)(見本)

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法

マイナンバーカード(個人番号カード)は希望者に交付します。交付を希望する方は以下のいずれかの方法により申請を行ってください。(初回申請のみ。紛失等による再交付申請の場合はこちらをご覧ください。)

(1)郵便による申請
通知カードに同封された「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記入および顔写真(注1)を添付して、送付用封筒に入れ、郵便ポストに投函。

(2)スマートフォンもしくはパソコンによる申請

交付申請書のQRコードを読み取っていただくか、申請用WEBサイトにアクセスし、必要事項の入力および顔写真(注1)を添付して送信。

オンライン用申請サイトはこちらをご覧ください。(外部サイト)(23桁の申請書IDが必要です。個人番号とは異なりますのでご注意ください。)

(3)まちなかの証明写真機からの申請
画面の案内にしたがって、交付申請書のQRコードをかざし、必要事項の入力と顔写真の撮影をして送信。(個人番号カードの申請が可能な証明写真機の対応機種や申請方法の詳細についてはちらをご覧ください。(外部サイト)

(注1)顔写真についてのチェックポイント

証明写真見本

 

 

サイズ4.5cm×横3.5cm
・最近6ヶ月以内に撮影
・正面、無帽、無背景のもの
・裏面に氏名、生年月日を記入して下さい。(上記(1)による申請の場合)

 

顔写真についての詳細はこちらをご覧ください。(外部サイト)

通知カード見本

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付の流れ

マイナンバーカード(個人番号カード)を申請されると、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)がカードを作成し、本市へ送付します。
本市にカードが届き、交付の準備ができ次第、申請された方へ「交付通知書」を送付します。カードを申請していただいてから交付通知書を送付するまで、1か月程度お時間をいただいております。
なお、同じ日に申請された場合でも、本市へのカードの到着日が異なることがあり、交付通知書の送付が同時にならない場合がございますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

1.マイナンバーカード(個人番号カード)交付のご案内を受け取る

マイナンバーカード(個人番号カード)の準備が整い次第、順次、原則住民票の住所へ「転送不要・普通郵便」で交付通知書を郵送します。

マイナンバーカード(個人番号カード)は、住民登録のある市町村で交付を行うこととなっているため、マイナンバーカード(個人番号カード)を受け取る前に市外へ転出された場合、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付ができませんので、あらかじめご承知おきください。

2.マイナンバーカード(個人番号カード)を受け取る

交付通知書が届きましたら、必要な書類等をお持ちになり、交付場所までご本人がお越しください。

≪交付場所・受付時間≫
1 横須賀市役所本庁舎2号館2階口サービス課人番号カード係

  平日 8時30分から16時30分まで

  • 予約制ではありません。当日の混雑状況等によってはお時間がかかることがありますので、余裕を持ってお越しください。

2 市民サービスセンター(役所屋)中央店

  火曜日から土曜日 10時30分から18時30分まで(14時から15時を除く)

  • 予約制です。
    こちらからインターネット予約(外部サイト)(メンテナンス日時除く24時間対応)または、横須賀市マイナンバーカード受取予約コールセンター0120-025034(日曜日、年末年始を除く8時30分から18時まで。お掛け間違いのないようご注意ください。)へ電話予約をお願いします。
  • 予約には予約IDが必要です。予約IDは「交付期限及び予約方法のご案内」や「交付通知書」に記載されています。予約IDが分からない場合、横須賀市マイナンバーカード受取予約コールセンターへお問い合わせください。
  • 駐車場のご利用は有料となります。
  • マイナポイント事業支援窓口の設置はありません。
  • マイナンバーカード受取専用の窓口です。(電子証明書等、お手続きできない内容があります。)

  • 年末年始(12月29日から1月3日)、施設の休館日、システムメンテナンス等にあたる日は、お休みです。
  • 中央店以外の市民サービスセンター(役所屋)および行政センターでは受け取ることができません

受け取り期間が過ぎている方

受け取り期間が過ぎていてもお受け取りは可能です。お早めにご来庁ください。
なお、在留カードをお持ちの方で在留期間の更新をされた方はご相談ください。

≪マイナンバーカード(個人番号カード)交付の際の持ち物≫

[持ち物]持ち物がそろわない場合、事前にご相談ください。持ち物がそろわずに来庁されるとマイナンバーカードの受取ができません。

  • マイナンバーカード交付通知書・電子証明書発行通知書(送付のはがき)
    はがき裏面に、日付本人の住所氏名を、記入してください。(消えるペン不可)
  • 通知カード(令和2年5月まで送付されていた12桁の個人番号記載の薄緑色の紙のカード)
    交付の際に返納していただきます。紛失などによりお持ちでない方は窓口でお申し出ください。
  • 本人確認書類(必ず原本をお持ちください。コピーは不可。)
    以下「マイナンバーカード(個人番号カード)交付の際の本人確認書類一覧表」をご参照ください。
  • 住民基本台帳カード(交付を受けたことがある方のみ)
    廃止・回収となります。紛失などによりお持ちでない方は窓口でお申し出ください。
  • マイナンバーカード(2回目以降の受取の方)
    古いカードをお持ちの方は新しいカード交付の際に返納していただきます。新手続きの方で、更新前のマイナンバーカードを紛失された場合、手数料が必要です。
  • 暗証番号の控え(送付の書類)
    交付時に暗証番号を設定していただきますので事前にお考えください。(詳細はこちらをご覧ください。ワード:46KBPDF:72KB
  • 手数料(再交付の方のみ)1000円(電子証明書の再発行手数料200円を含む)
    *初回の発行手数料は無料です。 

[本人確認書類について]

(1)ご本人(15歳以上)がお越しになる場合

  • ご本人の本人確認書類(以下のいずれか)
    1.Aから1点
    2.Bから2点

(2)15歳未満及び成年被後見人が法定代理人(15歳未満の子の親など)と来庁する場合

15歳未満の方及び成年被後見人には、単独で直接、マイナンバーカード(個人番号カード)をお渡しすることができませんので、必ずご本人と法定代理人が一緒にご来庁ください。

  • 本人の本人確認書類(以下のいずれか)
    1.Aから1点
    2.Bから2点
  • 法定代理人自身の本人確認書類(以下のいずれか)
    1.Aから1点
    2.Bから2点
  • 法定代理権の確認書類(戸籍全部事項証明書(戸籍の謄本)等、同一世帯の親は不要)
    成年被後見人は、登記事項証明書(原則として発行日から3か月以内)が必要です。

[本人が来庁できない場合]
申請者本人が病気、身体の障害、未就学児である等でやむをえない理由により、交付場所にお越しになれない場合に限り
、任意代理人が本人のマイナンバーカード(個人番号カード)を受け取ることができます。(仕事や学校が忙しいなどの理由は、やむをえない理由に該当しません。)
持ち物については上記をご覧ください。併せて以下の書類が必要です。

  • 申請者本人が受け取りに来られない状態であることが分かる書類
    (例)医師の診断書、身体障害者手帳、施設の入所証明書、入院を証明する書類など
  • 本人の本人確認書類(以下のいずれか)顔写真付きのものが1点以上必要です。
    1.Aから2点
    2.Aから1点+Bから1点の合計2点
    3.Bから3点(ただし、1点以上は写真付きのものが必要)
  • 任意代理人の本人確認書類(以下のいずれか)顔写真付きのものが1点以上必要です。
    1.Aから2点
    2.Aから1点+Bから1点の合計2点
  • 任意代理権の確認書類
    マイナンバーカード交付通知書・電子証明書発行通知書(送付のはがき)の裏面に、本人および代理人の住所氏名、各種暗証番号(フリガナをふってください。)を、申請者本人が記入してください。(消えるペン不可)暗証番号記入後、はがきの表面に添付されている目隠しシールを暗証番号欄に貼付してください。
【マイナンバーカード(個人番号カード)交付の際の本人確認書類一覧表】
A
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(顔写真付)
  • マイナンバー(個人番号)カード

 (※「通知カード」とは異なります)

  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書

  (※平成24年4月1日以降交付のもの)

  • 旅券(パスポート)
  • 療育手帳
  • 特別永住者証明書
  • 仮滞在許可証
  • 一時庇護許可証

 

B
  • 健康保険被保険者証
  • 各種年金証書(年金手帳を含む)
  • 特別児童扶養手当証書
  • 海技免状
  • 電気工事士免状
  • 動力車操縦者運転免許証
  • 運航管理者技能検定合格証明書
  • 宅地建物取引士証
  • 耐空検査員の証
  • 戦傷病者手帳
  • 検定合格証
  • 官公署がその職員に対して発行した身分証明書
  • 母子健康手帳(中学生以下の方)
  • 介護保険被保険者証
  • 児童扶養手当証書
  • 生活保護被保護証明書
  • 船員手帳
  • 無線従事者免許証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 特種電気工事資格者認定証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 航空従事者技能証明書
  • 教習資格認定証
  • 医療受給者証(小児・(親))
  • 民間企業の社員証
  • 学生証

 

 

上記の書類の中でそろえられない場合、1点に限り以下の書類でも可

  • 学校名が記載された各種書類
  • 保育料決定通知書
  • 予防接種のお知らせ(接種券)
  • 診察券

  • 有効期限の記載があるものについては、有効期限内のものに限ります。
  • 券面または書類に「氏名+住所」または「氏名+生年月日」が記載されているものに限ります。
  • 記載内容(氏名、住所等)が最新の住民票の情報であるものに限ります。

「住民基本台帳カード」の発行は終了しました。

マイナンバー制度の導入に伴い、住民基本台帳カードの発行は平成27年12月末をもって終了しました。
平成28年1月以降は住民基本台帳カードの発行は終了し、「マイナンバーカード(個人番号カード)」を発行しています。

すでに発行された住民基本台帳カードは原則として有効期限内(発行日から10年)は引き続き有効です。有効期限を迎える住民基本台帳カードをお持ちの方は、マイナンバーカード(個人番号カード)の申請をご検討ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)は、住民基本台帳カードと同時に持つことはできませんので、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付時に住民基本台帳カードを回収させていただきます。

なお、住民基本台帳カードに「電子証明書」を格納されていたすべての方の電子証明書の有効期限(発行日から3年)が平成30年12月をもって満了しました。住民基本台帳カードに新たに電子証明書を格納することはできませんので、電子証明書をご希望の方は、マイナンバーカード(個人番号カード)を申請いただきますようお願いいたします。

 

マイナちゃん「マイナちゃんは、マイナンバー制度を普及・啓発するためのロゴマークです」

国のコールセンターのご案内

「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。「マイナンバーカード(個人番号カード)」の紛失・盗難による、カードの一時利用停止については、24時間、365日対応します。

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178(無料)お掛け間違いのないようご注意ください。

平日9時30分から20時00分まで日祝9時30分から17時30分まで(年末年始を除く)

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、
「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」
0120-0178-27

マイナンバー制度の詳細

マイナンバー制度等についての詳細、最新情報などについては国(内閣府)の「社会保障・税番号制度」のホームページをご覧ください。

(内閣府)「マイナンバー社会保障・税番号制度」(外部サイト)


その他よくあるご質問については、次の情報をご覧ください。

本市ホームページよくある質問>社会保障・税番号制度

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!

マイナンバー制度に便乗し、市役所職員や国の関連機関の名を語ってマイナンバーや銀行口座情報等を聞き出したり、寄付金や違約金と偽り現金の支払いを要求したりするという詐欺が発生しています。
市役所職員が突然、電話や訪問をしてマイナンバーの確認や現金の請求をすることはありませんのでご注意ください。マイナンバー制度に便乗した不審な電話はすぐに切り、来訪があっても断ってください。
少しでも不安に感じられたら市役所や警察に相談して下さい。

 

マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405
「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、
「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」

050-3818-1250

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:個人番号カード係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8573

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?