ホーム > くらし・環境 > 市民活動・市民協働 > 地域運営協議会 > 地域運営協議会について > 田浦地域運営協議会

更新日:2019年8月27日

ここから本文です。

田浦地域運営協議会

田浦梅林

令和元年度の取り組み状況

活動状況

会議

令和元年5月15日に第1回委員会を開催しました。

令和元年7月24日に第2回委員会を開催しました。

会議概要はこちら(PDF:114KB)

令和元年度のテーマ

1安全・安心事業

  • 緊急時情報カードたうら配布 継続
  • 災害情報ネットワーク
  • 委員からの提案事業(講演会・バリアフリーマップ作成・オアシス(ベンチ)設置等検討中)

 2次世代をはぐくむ事業

  • 田浦鉄道フェスタ2020

3街の賑わいづくり事業

  • 田浦地域里山歩きツアー
  • 海から田浦を見てみよう
  • 田浦の梅と桜の名所復活(梅と桜の樹勢回復)
  • 田浦自衛隊カフェ

平成30年度の取り組み状況

活動状況

会議

平成30年5月15日に第1回委員会を開催しました。

平成30年7月18日に第2回委員会を開催しました。

平成30年10月4日に第3回委員会を開催しました。

平成30年12月14日に第4回委員会を開催しました。

平成31年2月19日に第5回委員会を開催しました。

会議概要はこちら(PDF:147KB)

梅・サクラのファイル贈呈

平成31年3月8日、田浦中学校の卒業生154名に田浦の梅林の梅、南郷公園の桜の写真入りのオリジナルクリアファイルを贈呈しました。

田浦中ファイル

田浦梅林の梅・南郷公園の桜

クリアファイル

贈呈

田浦中学校の卒業生へ

贈呈

先生・会長

校長先生・学年主任の先生・

地域運営協議会会長

田浦自衛隊カフェを開催しました。

平成31年3月26日に田浦管内の町内会長・自治会長の皆さんを対象に横須賀弾薬整備補給所の皆さんとカフェ(懇談会)を実施しました。

始めに横須賀弾薬整備補給所において、火工整備科長から比与宇地区の歴史と横須賀弾薬整備補給所の説明を聞き、その後、吾妻島を見学しました。

弾薬整備補給所講義

比与宇地区の歴史と弾薬整備補給所の概要について

吾妻島へ向かう船

 吾妻島へ向かう船

お茶とお菓子で懇談

お茶とお菓子で懇談 

田浦地域里山歩きマップ

田浦地域運営協議会では、A 海側のコース、B 船越神社から田浦大作町白赤稲荷のコース、C 吾妻社から田浦梅の里までのコース、D 安針塚駅から十三峠・のの字坂の4つの散策コースをおすすめします。

ぜひマップを片手に田浦を散策してください。

里山歩きマップ

里山歩きマップデータダウンロードはこちらから(PDF:729KB)

田浦鉄道フェスタ2019を開催しました。

平成31年1月13日日曜日10時00分~16時00分、田浦コミュニティセンターにて田浦鉄道フェスタ2019を田浦コミュニティセンター主催、田浦地区社会福祉協議会・田浦地域運営協議会の共催で開催しました。

当日は晴天に恵まれ、来場者数は1,120人、鉄道ファンや家族連れで大変にぎわいました。

★チラシのダウンロードはこちら(PDF:681KB)

 

関東学院六浦中学校・高等学校

鉄道研究部 ミニ電車

横浜市立大学鉄道研究部

Nゲージ鉄道模型運転会

女神鉄道模型会

Nゲージ鉄道模型運転会

 

けいきゅんも来ました

こども制服撮影コーナー

 

 

関東学院六浦中学校・高等学校

 

鉄道研究部 ジオラマ

防災講演会を開催しました。

12月12日水曜日14時00分~16時00分田浦コミュニティセンター集会室にて防災講演会を開催し、95人の参加がありました。

講師は、三浦半島活断層調査会顧問 淺見茂雄氏

南三陸町、熊本地震など全国の地震現場の実地調査報告や南関東の地下構造、三浦半島の活断層についてなど、たくさんのスライドでご講演くださいました。

地震への備えとして地震の基礎知識を持つこと、家族で防災会議を実施することが大切であるとおっしゃっていました。

 

防災講演会の様子

三浦半島の活断層

講師の淺見茂雄氏

海から田浦を見てみようを開催しました。

11月23日金曜日9時15分~11時00分三笠桟橋からチャーター船で長浦湾を一周するツアーを実施しました。

船内では、地域の歴史や停泊している艦船などの説明を聞きながら、普段はなかなか見ることのできない自分の住んでいる地域を海から見ることができました。また、晴天に恵まれ、遠くには富士山も望めました。

参加者は募集70名に対して応募が112名あり、抽選の結果90名の当選とし、当日は84名の参加となりました。

参加者からは、説明が分かりやすかった、住んでいる場所の歴史を知ることができたなど好評でした。

 

海からシーフレンドゼロ1

チャーター船

2階席からの眺め

遠くに富士山

海上自衛隊の艦船も間近に

 

里山歩きを開催しました。

10月13日土曜日10時00分~12時30分に「秋の田浦地域里山歩きツアー」を実施しました。

参加者は49人、今年は「田浦地域里山歩きマップ」のAコース(海側のコース)を歩きました。

長浦コミュニティセンター→長浦湾→倉庫群→比与宇トンネル→安針台公園→安針塚駅

里山歩き2019

オリエンテーション

里山海のコース

第2術科学校の横を通り・・・

里山海のコース2

長浦港

里山海のコース3

安針台からの眺め

梅サクラ検討部会の活動

12月1日土曜日に梅・サクラ検討部会で田浦梅林に登り、梅の職種や位置の確認をしました。

公園管理課の職員と公園の指定管理者から、老朽化している樹木が多いことや、植え方や場所によっても育ち具合が異なることなど説明を受けました。

今後、樹勢回復をどこから進めていくかイメージが湧きました。

梅林現地確認1

説明を聞く委員

梅林現地確認2

第2あずま屋付近

梅林現地確認3

半分に裂けてしまった木

梅林現地確認4

もうすぐ梅の季節です

 

30年度のテーマ

1安心・安全事業

  1. 緊急時情報カードたうら配布 継続
  2. あんしんかん防災体験ツアー
  3. (新)防災講演会

2次世代をはぐくむ事業

  1. 鉄道フェスタ2019(田浦コミュニティセンターや他の団体との共催事業)

3まちの賑わいづくり事業

  1. 秋の田浦地域里山歩きツアー
  2. 海から田浦を見てみよう(地域への愛着をはぐくむ)
  3. 田浦の梅と桜の名所復活(梅と桜の樹勢回復)
  4. (仮称)自衛隊カフェ

平成29年度以前の取り組みはこちら

 

広報

2014年3月31日発行田浦地域運営協議会広報第1号(PDF:954KB)

2014年10月24日発行田浦地域運営協議会広報第2号(PDF:1,196KB)

設立趣意

田浦地域は、戦前は横須賀海軍工廠の発展・拡張に伴い発展し、戦後は、平和産業である企業が跡地を継承し現在に至っています。

良好な自然にも恵まれ、「田浦梅林」など観光資源があり、多くの観光客が訪れる自然豊かな地域でもあります。

また、「谷戸」と言う独特な環境から密接な地域関係が作られ、様々なまちづくり団体が活発に活動し、良好な地域コミュニティが形成されてきました。

しかし近年、役員の高齢化や担い手不足、地域コミュニティの希薄化などにより、その活動に苦慮している現状があります。

そこで、各まちづくり団体間で地域における課題の共有、相互理解、相互補完を図り、「地域で暮らす人々が主体となって地域の課題を解決する」ことを目的として、新しいまちづくり組織「田浦地域運営協議会」を設立しました。

委員の構成

 

田浦地域運営協議会会議に出席いただく委員は、田浦地域で活動している以下の地域団体から構成されています。現在は14名です。トンネルを抜ける電車(船越連合町内会会長が田浦観光協会会長を兼務)

  • 田浦町連合自治会2名
  • 長浦町連合自治会2名
  • 船越連合町内会2名
  • 田浦観光協会2名
  • 田浦地区社会福祉協議会2名
  • 田浦地区民生委員児童委員協議会2名
  • 田浦行政センター管内商店会(船越地区、田浦地区)2名
  • 田浦地区PTA1名

会則

田浦地域運営協議会会則(PDF:181KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部田浦行政センター 担当:地域コミュニティ係地域運営協議会担当

〒237-0076 横須賀市船越町6丁目77番地 

電話番号:046-861-4181

内線:2045

ファクス:046-861-6112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?