ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光情報 > 歴史散策 > 大津を歩く「東京湾ロマンおおつみち」 > 散策ルート2(史跡の丘コース) > 8.貞昌寺別院(臨済宗)

更新日:2013年6月12日

ここから本文です。

8.貞昌寺別院(臨済宗)

 

阿弥陀三尊(貞昌寺別院)

(阿弥陀三尊)

 

貞昌寺は古くは吸江庵とよばれ、現在の桜が丘一丁目の貞昌寺別院の敷地にありました。
本尊は阿弥陀如来三尊で、昔、根岸にあった南光山明動院の本尊でしたが、明動院は火災で消失しました。
三尊は難を逃れ、下寺の正観寺の本尊となり、後に貞昌寺に安置されました。
昭和59年、この阿弥陀如来を本尊とする別院が創設されました。

 

お問い合わせ

市民部大津行政センター

〒239-0808 横須賀市大津町3丁目34番40号

電話番号:046-836-3531

ファクス:046-833-5110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?