ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光情報 > 歴史散策 > 大津を歩く「東京湾ロマンおおつみち」 > 散策ルート3(古道を巡るコース) > 13.信楽寺(浄土宗)・坂本龍馬の妻龍子の墓

更新日:2013年6月12日

ここから本文です。

13.信楽寺(浄土宗)・坂本龍馬の妻龍子の墓

 

信楽寺

(信楽寺)

蓮生坊の守護仏・正観音

(蓮生坊の守護仏・正観音)

おりょうさんの墓

(おりょうさんの墓)

大津小学校正門前の路地を入る。

本尊は阿弥陀如来です。寺伝によれば、正観音は行基の作で熊谷蓮生坊の守護仏といわれ、昔、武蔵国の熊谷寺から東海道の大津宿の信楽寺に納めるものを、間違えてこの大津・信楽寺に納められたといわれています。
墓地には幕末の志士坂本龍馬の妻龍子の墓があります。
後年、龍子は横須賀で再婚し、西村ツルの名で最初は大津、次に米が浜に住んでいました。
毎年秋に龍子を偲んで墓前祭など、「おりょうさんまつり」が催されます。

お問い合わせ

市民部大津行政センター

〒239-0808 横須賀市大津町3丁目34番40号

電話番号:046-836-3531

ファクス:046-833-5110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?