ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光情報 > 歴史散策 > 浦賀の歴史とふれあう散策ルート > 浦賀の歴史とふれあう散策ルート3(観音崎コース) > 3.八幡神社

更新日:2017年2月27日

ここから本文です。

3.八幡神社

 

八幡神社

(八幡神社)

古い時代、鴨居の鎮守は、現在の鴨居コミュニティセンターの正面石柱の内側にあった、素盞鳴尊を祭神とする須賀神社であったといわれます。
八幡神社は、三浦大介義明の四男・多々良四郎義春が鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮を勧請したことに始まり、観音崎の多々羅(良)浜の奥の谷戸に鎮座していたといわれます。
『相模国風土記稿』には「村の鎮守、祭礼は八月十五日、縁起に養和元年(1181)六月源頼朝卿当郡遊覧の折勧請ありし由記せり」とあります。
風土記稿からみると、江戸時代には八幡神社が鎮守となり、須賀神社が合祀されていることがわかります。
現在、鴨居の祭礼は、須賀神社の祭礼日に行われています。
八幡神社の境内から弥生時代の遺跡が発見されています。市内の遺跡は、海抜30~50m位のところで発見されていますが、海に面したところでは珍しいことで、上の台遺跡と密接な関係があるように思えます。

八幡神社のホームページ(外部サイト)

神奈川県神社庁の「八幡神社」の紹介(外部サイト)

お問い合わせ

※内容等に関しましては市民協働型まちづくりモデル事業等のため、「上記記載の内容・看板の設置場所・寺・神社(場所、連絡先など)」に関することについてはお答えできかねますのでご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?