ホーム > よくある質問 > 消費生活 > 消費生活センター > 「自己破産」とはどのような方法ですか

更新日:2017年1月25日

ここから本文です。

「自己破産」とはどのような方法ですか

質問カードNO:5110

質問

債務整理の方法の一つである「自己破産」とは、どのような方法ですか。

回答

「自己破産」とは、裁判所を通じて、持っている資産をお金に換えて、返せるだけ返し、返せない部分の借金を免除してもらう方法です。
返済の見込みがない場合に選択する手続です。
所要期間は2か月~半年程度、費用は300,000円~600,000円程度です。
専門家に依頼できます。ただし、司法書士には書類の作成だけは依頼できますが、代理人にはなれません。

自己破産の方法を採れば、早期に借金から解放されますが、生活必需品や最低限の生活費を除いた財産(住宅や車など)は手放さなければなりません。生命保険なども解約させられる場合もあります。

借金の原因(ギャンブルなど)によっては免責が認められないこともあります。過去7年以内に自己破産により借金をゼロにしてもらっているなどの事情がある場合にも借金をゼロにしてもらえません。

また、破産後の一定期間は、金融機関からの借り入れができなくなります。

なお、自己破産することで選挙権がなくなったり、全部事項証明書(戸籍謄本)や住民票に記載されたりすることはありません。
ただし、官報に住所・氏名が掲載されます。官報は誰でも見ることができるので、それを見たヤミ金融業者が相談者にダイレクトメールで勧誘してくることがありますが、ヤミ金融業者からは絶対に借りてはいけません。

お問い合わせ

市民部消費生活センター
〒238-0041 横須賀市本町2丁目1番地 総合福祉会館2階

事務室電話番号:046-821-1312
相談専用番号:046-821-1314(相談受付時間あり)

消費生活相談につきましては、より的確な回答をさせていただくため、内容の詳細を直接お伺いしてお答えしております。メールやファクスでのご相談は受け付けておりませんので、恐れ入りますが、お電話いただくかまたは直接消費生活センターへお越しいただき、ご相談ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?