ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 障害者福祉 > 障害福祉のご案内 > 障害者福祉の手引き > 3.障害者手帳 > 身体障害認定基準の見直し(平成26年4月)

更新日:2015年3月30日

ここから本文です。

身体障害認定基準の見直し(平成26年4月)

平成26年4月から、身体障害認定基準の一部が見直されました

近年の医療技術の進歩により、日常生活能力(ADL)の改善の見られる方が増えていることを踏まえ、身体障害者手帳の認定基準の一部が見直されることになりました。

なおこの見直し後の基準は、「平成26年4月以降に新しい基準を元に作成された診断書」を添付して申請する場合から適用され、従来の基準ですでに身体障害者の認定を受けている方には適用されません。

 

主な見直しの内容

身体の状態 従来の基準 新しい基準

心臓ペースメーカ(または植え込み型除細動器)植え込み手術を受けた人(先天性心疾患の人を除く)

一律に1級で認定 植え込み手術の必要性や、術後の身体活動能力の程度に応じて、1級、3級、4級、非該当のいずれかで認定
股関節、膝関節の人工関節置換術を受けた人 一律に4級で認定 置換術後の股関節・膝関節の状態の程度により、4級、5級、7級、非該当のいずれかで認定
足関節の人工関節置換術を受けた人 一律に5級で認定

置換術後の足関節の状態の程度により、5級、6級、7級、非該当のいずれかで認定

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局福祉こども部障害福祉課

横須賀市小川町11番地 分館1階<郵便物:「〒238-8550 障害福祉課」で届きます>

内線:046-822-8248

ファクス:046-825-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?