ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 最近のトラブル事例 > 災害に便乗した悪質商法にご注意ください

更新日:2022年4月26日

ここから本文です。

災害に便乗した悪質商法にご注意ください

 大きな台風の通過後、市内でリフォーム詐欺が疑われる訪問販売業者について、消費生活センターに情報が寄せられています。

 例えば、住宅を訪問し、屋根が壊れているので調査させてほしいと頼み、実際に屋根に上がると、特に被害がないトタン屋根の板金からバールで釘を故意に引き抜き、その後、釘の抜けた屋根の写真を見せて板金の修繕工事を勧めるという事例や、損害保険で修理ができると持ち掛け、手数料等を請求するなどの事例があります。台風、地震などの災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生しますので、ご注意ください。 

 また、すでに契約してしまった場合でも、クーリング・オフすることができる場合もありますので、少しでも疑問に感じたら、消費生活センターにご相談ください。

 

施設情報

お問い合わせ

民生局地域支援部市民生活課(消費生活センター)

〒238-0041 横須賀市本町2丁目1番地 総合福祉会館2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?