ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活センターの業務案内 > 消費生活相談事例集 > 架空請求

更新日:2017年1月25日

ここから本文です。

架空請求

相談事例

自分のパソコンやスマートフォンにメールが届き、身に覚えのないアダルトサイトの料金を請求された。「本日中に連絡しないと法的措置を取る」と書かれているが、具体的な金額や内容の記載はない。まだ、相手に連絡はしていないが、どのように対処したらよいか。

アドバイス

このようなメールに応じてしまうと、電話番号などの個人情報が事業者に伝わってしまい、思わぬ被害に遭うことがあります。事業者に、携帯電話会社やプロバイダーからあなたの個人情報(住所や名前など)が伝わることはありません。したがって、事業者には絶対に連絡しないようにしましょう。

裁判所からの通知を装ったり、「訴訟を提起した」などと連絡してくる事例もあるようです。裁判所からの呼び出しや支払督促は、「特別送達」という特別な郵便により行われ、メールで来ることは絶対にありません。騙されないようにしましょう。

お問い合わせ

民生局地域支援部市民生活課(消費生活センター)

〒238-0041 横須賀市本町2丁目1番地 総合福祉会館2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?