ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 最近のトラブル事例 > 点検サービス商法

更新日:2017年1月25日

ここから本文です。

点検サービス商法

相談事例

  1. ある日、「ふとんのクリーニングを1,000円でします。」と電話が入った。安いと思い頼んだところ、セールスマンが来て「これはクリーニングしてもダメですね。新しいのを買った方が良いですよ。」と言われ、新品のふとんを買うように勧められた。「クリーニングしてもらうつもりなので、買う気はない。」と断ったが、あんまりしつこく勧めるので、仕方なく契約してしまった。すると、すぐに車から新しいふとんを持って来て、今まで使っていたふとんは下取りするということで持って行ってしまった。解約したいし、元のふとんを返して欲しいが、どうすればよいか。
  2. ある日、「エアコンの清掃を無料でします。」と電話があった。無料でやってくれるならと思い頼んだところ、セールスマンが来て、エアコン清掃を無料でやってくれた。それで済んだと思ったところ、「いま使ったわが社の掃除機はいかがですか。」と購入を勧められた。「掃除機は最近買ったばかりなので買う気はない。」と断ったが、なかなか帰ってくれなかった。このような場合、どのように対処すればよいか。

アドバイス

このような事例は、「点検商法」と言われる訪問販売の一種で、契約書面の交付を受けてから8日間以内であればクーリング・オフが出来ます。
商品を使ってしまった場合でも、使った商品を返品してクーリング・オフが可能です。また、事業者は、下取りで持ち帰った商品を返さなければなりません。

お問い合わせ

民生局地域支援部市民生活課(消費生活センター)

〒238-0041 横須賀市本町2丁目1番地 総合福祉会館2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?