ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 最近のトラブル事例 > SF商法(催眠商法)

更新日:2017年1月25日

ここから本文です。

SF商法(催眠商法)

相談事例

街頭で商品の交換券を渡され、会場に案内された。「早いもの勝ち」と日用雑貨が配られ、我先にと手を挙げている間に興奮状態となった。
「最後は今日一番のお勧め。足の痛みがやわらぐ磁気布団80万円が、今日限り、この場限りでたったの40万円!」との掛け声に思わず契約してしまった。
冷静になって考えると、高額で効果も疑わしいと思い、解約を申し出たがとりあってもらえない。どうすればよいか。

アドバイス

チラシ・くじ・無料の景品などで通行人を誘い、呼び込んだ後、巧みな話術で雰囲気を盛り上げ、会場にいる人を興奮させて冷静な判断力を失わせてから、高価な商品を買わせるのが、このSF商法(催眠商法ともいう)の特徴です。
被害者は高齢者が多いのですが、主婦もねらわれています。最近では、契約に応じないと、「数人で囲まれて脅かされた」といった事例が、全国の消費生活センターに多数寄せられています。
この商法は雰囲気を武器としているので、会場に行かないことが一番です。いまどき、タダで何かをくれるというようなうまい話はありません。あとで冷静になって考えて必要ない品と判断したときは、契約日から8日以内なら、クーリング・オフを行うことができます。
ただし、同一箇所で、一定の期間にわたって開催している場合は、特定商取引法の適用除外になることもあるので、注意が必要です。
もしも、暴力をふるわれたり、脅迫的な態度をとられたりした場合は、警察に届けましょう。

お問い合わせ

民生局地域支援部市民生活課(消費生活センター)

〒238-0041 横須賀市本町2丁目1番地 総合福祉会館2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?