ホーム > よくある質問 > 福祉 > 障害者福祉 > 【税金】特別障害者と普通障害者の区別について

更新日:2019年10月16日

ここから本文です。

【税金】特別障害者と普通障害者の区別について

質問カードNO:7937

質問

(年金事務所などに提出する)扶養親族等申告書に、特別障害か普通障害か記入する欄があるが、自分の持っている障害者手帳はどちらに当たるのか教えてほしい

回答

所得税や住民税の障害者控除における「障害者」と「特別障害者」の、障害者手帳の種類や等級による区分は次のとおりです。

「障害者」
・身体障害者手帳の交付を受けている人
・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
・精神保健指定医などにより知的障害者と判定された人(療育手帳を持っている人)

「特別障害者」
・身体障害者手帳が1級または2級の人
・精神障害者保健福祉手帳が1級の人
・精神保健指定医などにより重度の知的障害者と判定された人(療育手帳にAと記載のある人)

お問い合わせ

福祉部障害福祉課

横須賀市小川町11番地 分館1階<郵便物:「〒238-8550 障害福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-8248

ファクス:046-825-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?