ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 障害者福祉 > 障害者福祉の手引き > 9.補装具・日常生活用具等 > 補装具費の支給制度

更新日:2017年8月25日

ここから本文です。

補装具費の支給制度

制度のあらまし

補装具費の支給制度は、身体障害者手帳所持者(児)に必要な装具の購入、あるいは修理するにあたり、費用の一部を支給する制度です

補装具とは

補装具とは、身体機能を補完し、または代替し、長期間にわたり継続して使用されるもので、支給に際し専門的な知見(意見)を要するものです

支給対象になる障害の種類と装具

装具ごとに、支給条件が決められています。具体的には以下の通りですが、それぞれに、さらに細かく条件がありますのでお問合せください

  • 視覚障害の認定を受けている方が支給を受けられるもの
    盲人安全杖、義眼、眼鏡(矯正眼鏡・遮光眼鏡等)
  • 聴覚障害の認定を受けている方が支給を受けられるもの
    補聴器
  • 肢体不自由障害の認定を受けている方が支給を受けられるもの
    義肢(義手・義足)、装具(下肢・靴型・体幹・上肢)、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助杖、重度障害者用意思伝達装置
  • 難病患者の方が支給を受けられるもの
    装具(靴型)、車いす、電動車いす、歩行器、重度障害者用意思伝達装置

申請手続き

必ず、購入(修理)の前に申請してください。購入(修理)後に申請しても支給を受けられません

申請の際に必要なもの

  1. 身体障害者手帳【難病患者の方については、特定医療費(指定難病)医療受給者証または疾患名の記載された診断書】
  2. 認印
  3. 市民税の課税状況の分かるもの(課税証明書など)。ただし過去1年半以上横須賀市に住民票のある方は必要ありません
  4. 見積書(補装具の業者が作成したもの)
  5. 医学的判定(意見)書(医師に書いてもらうもの。用紙は障害福祉課にあります)

留意事項等(必ずお読みください)

費用負担について

世帯の課税状況によりー部自己負担があります。また、世帯に市民税が46万円以上課税されている人がいると、支給制度の対象外になります

耐用年数

補装具には、それぞれ定められた耐用年数があります。一度この制度を利用して支給を受けたものを再購入するには、耐用年数を経過しているか、修理不能もしくは不適合な状態になっている場合に限って、支給の対象になります

65歳以上の方、もしくは介護保険を利用中の方

介護保険被保険者の方は、次の品目について、介護保険での貸与が優先されます

  • 車いす、電動車いす(附属品を含む)、歩行器、歩行補助杖

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局福祉部障害福祉課

横須賀市小川町11番地 分館1階<郵便物:「〒238-8550 障害福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-8249

ファクス:046-825-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?