ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 障害者福祉 > 障害福祉のご案内 > 障害者福祉の手引き > 8.障害福祉サービス > 障害福祉サービス

更新日:2020年6月1日

ここから本文です。

障害福祉サービス

対象

  • 身体障害者手帳を持っている人
  • 療育手帳を持っている人、または知的障害があると判定された人
  • 精神障害者保健福祉手帳、自立支援(精神通院)医療証などで精神障害があることが確認できる人
  • 障害者総合支援法の対象疾病(難病等)(関連リンク障害者総合支援法の対象となる疾病についてを参照)

内容

障害者総合支援法に基づくサービスで、障害のある人それぞれの障害の程度や社会活動の様子、居住などの状況を踏まえて個別に支給決定が行われる支援サービスです。

(1)訪問系サービス

主に障害のある人の自宅で提供されるサービスです。
居宅介護(ホームヘルプ)、重度訪問介護、行動援護、重度障害者等包括支援、同行援護、自立生活援助があります。

(2)日中活動系サービス

施設を利用して主に昼間に提供される支援サービスです。
生活介護、自立訓練(機能訓練・生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援(A型・B型)、就労定着支援、療養介護、短期入所(ショートステイ)があります。
※児童福祉法に基づくサービスは、児童発達支援(未就学児)、放課後等デイサービス(学齢期児童)、保育所等訪問支援など。

(3)居住系サービス

施設などで、主に夜間や休日に提供される支援サービスです。
施設入所支援、共同生活援助(グループホーム)があります。

手続きの流れ

サービスを利用する前に申請する必要があります。

  1. ケースワーカーが対応しますので、事前に障害福祉課までご連絡・ご相談ください。
  2. 次のものを持って障害福祉課で申請します。
    • 障害者手帳(難病患者の方は特定医療費(指定難病)医療受給者証または疾患名の記載された診断書等)
    • 認印
  3. 【介護給付の場合】障害支援区分の認定を受けます。
  4. サービス等利用計画の提出
    • 障害者自身が作成する(セルフプラン)か、相談支援事業者と契約して作成してもらうか、いずれかの方法で障害福祉課へ提出します。
  5. サービス等利用計画を参考に市が支給量を決定し、その内容に基づいて障害福祉サービス受給者証が発行されます。
  6. サービスを提供する事業者と直接契約をして、サービスを利用します。

利用者負担

利用料は原則一割負担ですが、世帯の状況に応じて、利用者負担の上限月額が設定されます。

注意事項

介護保険被保険者は、介護保険での給付が優先されます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部障害福祉課

横須賀市小川町11番地 分館1階<郵便物:「〒238-8550 障害福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-8249

ファクス:046-825-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?