ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 生活困窮者自立支援制度

更新日:2020年5月20日

ここから本文です。

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は、様々な事情により経済的にお困りの方が、地域から孤立することなく安定した生活が送れるよう、お一人おひとりの状況に応じた支援を行う制度で、次の支援があります。

1:住居確保給付金

離職等であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方を対象として住宅費を支給するとともに、横須賀市生活福祉課による就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

2:就労準備支援事業

ひきこもりが原因で、すぐに働けない人の就労体験の相談を行います。必要に応じて、就労準備支援センター「ねくすと」が、ひきこもりの方を就労体験できる事業所へつなぎ、ご本人の自立を支援します。また、ひきこもりのご家庭に、アウトリーチ支援員が訪問して、自立に向けた支援を行います。状況に応じて継続的に訪問し、居場所の紹介や就労体験への参加など、ご本人の要望に応じた支援を行います。(アウトリーチは令和2年度から実施予定)

3:家計相談支援事業

家計に関する相談、家計管理に関する支援を行います。必要に応じて、生活再建に係る相談員につなぎます。(要予約)

4:学習支援事業

中学3年生を対象に、市内のコミュニティセンター等で無料の学習塾を開催するとともに、居場所づくりの支援を行います。

5:フードドライブ事業

自立相談を受ける中で、食の支援を必要とする方に、企業、町内会、生活協同組合、フードバンク、農協、市民の方などから提供を受けた食品をお渡しします。

6:ご相談受付時間

9時00分~11時00分

13時00分~16時00分

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉部生活支援課 担当:自立支援係

横須賀市小川町11番地 分館6階<郵便物:「〒238-8550 生活支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8070

内線:2234

ファクス:046-822-9962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?