ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 横須賀市国民健康保険第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画

更新日:2021年5月11日

ここから本文です。

横須賀市国民健康保険第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画

 第2期データヘルス計画

「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)では、その重要な柱である「国民の健康寿命の延伸」のための新たな仕組みづくりとして、「レセプト等のデータの分析、それに基づく被保険者の健康保持増進のための事業計画としてデータヘルス計画の作成、公表、事業実施、評価等の取組」が市町村国保に求められ、本市では平成27年3月に「データヘルス計画」を策定して、生活習慣病の予防や早期発見、重症化予防のための保健事業を展開してきました。

その内容を分析・検証して、より効果的、効率的な保健事業を推進していくために平成30年3月に「第2期データヘルス計画」を策定しました。計画期間は「横須賀市第3期特定健康診査等実施計画」との整合性を踏まえて、平成30年度から令和5年度までの6年間としています。

 

第3期特定健康診査等実施計画

平成20年4月に「高齢者の医療の確保に関する法律」が施行され、各保険者に対して、40歳以上75歳未満の被保険者を対象とする特定健康診査及び特定保健指導の実施が義務付けられました。

本市においても、平成20年3月に、特定健康診査及び特定保健指導の実施方法や目標に関する基本的事項について定めた「特定健康診査等実施計画」を、平成25年3月に「第2期特定健康診査等実施計画」を策定しました。

計画期間については、第1期及び第2期は5年を1期としていましたが、県の医療費適正化計画が6年1期に見直されたことを踏まえ、第3期からは6年を1期として策定しています。

 

「第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画」はこちらをご覧ください。 

関連記事

第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画中間評価

令和3年3月に「第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画中間評価」を行いました。各事業の目標の達成度や実施内容の評価・分析を行いましたので、今後は、その評価・分析を基礎に必要があれば事業の見直しや改善を実施します。また、事業計画についても分析結果を基礎にして一部見直しを行いました。

「第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画中間評価」の内容はこちらをご覧ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康長寿課 担当:保健係(国保担当)

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 健康長寿課」で届きます>

電話番号:046-822-8227

ファクス:046-827-3398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?