ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 生活習慣病重症化予防事業

更新日:2020年8月3日

ここから本文です。

生活習慣病重症化予防事業

高血圧や糖尿病などの生活習慣病や腎機能の低下は、多くの場合、自覚症状がないまま進行します。また、複数の生活習慣病をお持ちの場合、脳卒中や心臓病、人工透析等の重篤な合併症を引き起こす可能性が高くなります。治療をしないで放っておいたり、自己判断で通院をやめたりせず、早い段階から医療機関を受診し適切な治療を受けて、健やかな生活を維持しましょう。

医療機関受診勧奨

特定健康診査の結果や医療機関の受診状況から対象者を抽出し、医療機関への受診をお勧めしています。

対象者

  • 横須賀市国民健康保険の被保険者で特定健康診査を受診した方
  • 特定健康診査の受診結果が一定の基準を超え、かつ、該当する項目で医療機関未受診の方

受診勧奨基準値

血圧、血糖、脂質、腎機能の4項目について、下記の値を医療機関受診勧奨基準値とします。

項目 医療機関受診勧奨対象基準値
血圧 収縮期血圧160mmHg以上、又は、拡張期血圧100mmHg以上
血糖 空腹時血糖126mg/dl以上、又は、HbA1c6.5%以上
脂質 中性脂肪500mg/dl以上
腎機能

1~3のいずれにも該当する

1 空腹時血糖126mg/dl以上、又は、HbA1c6.5%以上

2 eGFR60mL/分/1.73㎡未満、又は尿たんぱく(±)以上

3 糖尿病の受診歴なし

実施方法

専門職(保健師等)による受診勧奨を下記の方法により行います。

  • 通知
  • 電話
  • 訪問

糖尿病性腎症重症化予防

糖尿病性腎症の重症化を予防することで、腎不全や人工透析への移行を防止し、生活の質(QOL)を維持することを目的とした支援プログラムを、かかりつけ医と連携を図りながら行っています。

対象者

以下のいずれにも該当する方

・横須賀市国民健康保険の被保険者で令和元年度特定健康診査を受診した方

・糖尿病治療中(投薬治療中)の方

・eGFR30~59ml/分/173㎡に当てはまり、腎機能低下の可能性がある方

・プログラムへの参加を希望し、かつ、かかりつけ医の了解を得られた方

※対象の方には、プログラム実施会社より、糖尿病性腎症重症化予防プログラムの案内をお送りします。その後、電話にてご案内を行います。令和2年度(2020年度)は8月に発送します。

※国民健康保険の資格喪失者は参加できません。

プログラム内容

専門知識を持った保健師や管理栄養士等が、お一人お一人の生活習慣等に合わせた重症化予防の計画をたてます。面談や電話での定期的なサポートを通して、生活習慣の改善を目指します。

・実施期間:6か月

・実施方法:面談及び電話

・委託先:日本システム技術株式会社

    (プログラム実施会社 株式会社医療情報システム)

費用

無料

※面接会場への交通費、医療機関へ受診した際の治療費や検査などに係る費用は自己負担となります。

 

お問い合わせ

福祉部健康長寿課 担当:保健係(国保担当)

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 健康長寿課」で届きます>

電話番号:046-822-8227

ファクス:046-827-3398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?