ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険特定保健指導

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

国民健康保険特定保健指導

特定保健指導では特定健康診査の結果、生活習慣の改善により生活習慣病の予防効果が期待できる方に対して、生活習慣の改善のため自主的な取り組みが継続できるよう、専門家(医師や管理栄養士等)から生活習慣を見直すためのアドバイスやサポートが実施されます。

特定保健指導は、階層化により「動機付け支援(見守りコース)」と「積極的支援(がっちりサポートコース)」の2種類に分類されます。

動機付け支援(見守りコース)

専門家との面接で実行しやすい生活習慣改善のための取り組みについて計画を立て、自主的に実行し、6か月経過後に改善状況の確認が行われます。

積極的支援(がっちりサポートコース)

専門家との面接で実行しやすい生活習慣改善のための取り組みについて計画を立て、自主的に実行する間、専門家から電話やメールなどで3か月以上継続的にアドバイス等があります。6か月経過後に改善状況の確認が行われます。

特定保健指導の判定基準

下記の内臓脂肪型肥満に加え、次の1~3の危険因子や喫煙歴の有無、年齢等のリスクの程度によりグループ分けされます。

内臓脂肪型肥満

  • 腹囲:男性:85cm以上、女性:90cm以上または、BMI25以上(BMI=体重kg÷身長m÷身長m)

危険因子

  1. 脂質異常(危険因子)
    • 中性脂肪150mg/dl以上または
    • HDLコレステロール40mg/dl未満
  2. 高血圧(危険因子)
    • 収縮期血圧130mmHg以上または
    • 拡張期血圧85mmHg以上
  3. 高血糖(危険因子)
    • 空腹時血糖100mg/dl以上または
    • HbA1c(NGSP値)5.6%以上

 

特定保険指導対象者の区分判定基準
 

特定健康診査結果

特定保健指導区分

追加リスク 喫煙歴

40~64歳

65~74歳

1.血糖

2.脂質

3.血圧

腹囲

男性≧85cm

女性≧90cm

2つ以上該当

積極的支援

動機付け支援

1つ該当

あり

なし

動機付け支援

該当なし

対象外

上記以外で
BMI≧25

3つ該当

積極的支援

動機付け支援

2つ該当

あり

なし

動機付け支援

1つ該当

該当なし

対象外

 

糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧の治療で服薬中の方は、特定保健指導の対象とはなりません。

 

利用方法

対象の方には、健康長寿課より特定保健指導利用券が送付されます。

ご希望の実施医療機関へ直接電話し、予約をお取りください。特定保健指導当日に、特定保健指導利用券と横須賀市国民健康保険被保険者証を実施機関窓口に提示してください。

ご利用の際は、実施医療機関から通知される特定健康診査の結果(受診者控)も持参してください。

  • 利用券は、特定健康診査を受診した結果、上記の区分判定基準に基づき、積極的支援及び動機付け支援に該当する人へ送付します。送付時期は特定健康診査を受診してから約2~3か月後です。
  • 血糖、脂質、血圧に係る薬剤治療を受けている場合は、特定保健指導の対象にはなりません。医師による治療を続けてください。

 

実施場所

動機付け支援実施医療機関と積極的支援実施医療機関があります。

詳しくは、下記をご参照ください。

  • 実施医療機関一覧(PDF:90KB)
  • 面接はオンラインでもできます。(今夏から開始予定)スマホ・タブレットなどを利用して、休日や夜間でも場所を選ばず受けられます。

自己負担額

無料

利用期限

特定保健指導利用券に記載されている有効期間内に特定保健指導の初回面接を受けてください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康長寿課 担当:保健係(国保担当)

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 健康長寿課」で届きます>

電話番号:046-822-8227

ファクス:046-827-3398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?