ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護保険のサービス > サービスの利用者負担

更新日:2016年3月22日

ここから本文です。

サービスの利用者負担

利用者負担の割合

サービス利用に際しては、かかった費用の1割(一定以上所得者の場合は2割)を利用者が負担します。


(注意)平成27年8月から、一定以上の所得(本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入とその他の合計所得金額の合計が、第1号被保険者が1人の世帯で280万円以上、2人以上の世帯で346万円以上)のある人がサービスを利用した場合、利用者負担は2割になりました。
負担割合については、要介護認定決定後に送付する介護保険負担割合証をご確認ください。また、介護保険負担割合証はサービス利用時に必ずサービス事業者へ提示してください。

適用期間は、毎年8月1日から翌年7月1日までの1年間となります。所得や世帯の状況によって利用者負担の割合が変わるため、介護保険負担割合証は毎年発行されます。

厚生労働省:負担割合パンフレット(PDF:375KB)

 

居宅サービスの1ヶ月あたりの支給限度額

居宅サービスを利用する場合は、利用できるサービスの量(支給限度額)が要介護度別に定められています。
限度額の範囲内でサービスを利用した場合は、1割(一定以上所得者の場合は2割)の自己負担です。
限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。

 

1ヶ月あたりの支給限度額

要介護度

支給限度額

要支援1

50,030円

要支援2

104,730円

要介護1

166,920円

要介護2

196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5

360,650円

表は標準地域のケースで、人件費など地域差に応じて限度額の加算があります。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部介護保険課 担当:給付係

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 介護保険課」で届きます>

電話番号:046-822-8253

ファクス:046-827-8845

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?