ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護保険料の減免(新型コロナウイルスの影響によるもの)

更新日:2021年6月16日

ここから本文です。

介護保険料の減免(新型コロナウイルス感染症の影響によるもの)

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した方に対する介護保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡や重篤な傷病を負った世帯、主たる生計維持者の収入が減少する世帯に対して、令和3年度介護保険料を減免します。なお、65歳以上の第1号被保険者の方が対象となります。

  • 主たる生計維持者…世帯主が、世帯構成員からの収入で生計を維持している場合は、この世帯構成員1人を主たる生計維持者とみなします。

対象者

  次の1または2のどちらかに該当していること

  1. 新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年中の主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれ、次の(1)と(2)の全てに該当する場合
  • (1)世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
  • (2)減少することが見込まれる世帯の主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万以下であること。

減免額

 1.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合

  死亡または重篤な傷病の場合は、対象となる期間の保険料全額が免除となります。

 2.主たる生計維持者の収入減少が見込まれる場合 

  対象となる保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。

 減免対象保険料額(A×B/C)

  A:当該第1号被保険者の保険料額

  B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額

   ※Bが0円以下の場合は、減免額が発生しません。

  C:主たる生計維持者の前年の合計所得金額

   ※Cが0円以下の場合は、減免額が発生しません。

  D:合計所得金額に応じた減免割合

【減免割合】

 主たる生計維持者の令和2年度の所得金額に応じて減免の割合が変更となります。

 ※210万以下の場合は全額免除

 ※210万超の場合は10分の8

申請に必要な書類

 1.主たる生計維持者が、死亡または重篤な傷病を負った方

  • (1)介護保険料減免申請書
  • (2)上記の事実がわかる書類(死亡診断書、診断書、指定感染症病床への入院勧告書面等)

2.主たる生計維持者の収入減少が見込まれる方

  • (1)介護保険料減免申請書
  • (2)令和2年中の事業内容が確認できる書類(例:確定申告書、源泉徴収票等の写し)
  • (3)収入が減少したことが確認できる書類(例:令和3年中新型コロナウイルス感染症の影響で「最も収入が減少した月」と「影響がなかった月」の帳簿、給与明細等の写し)
  • (4)世帯の主たる生計維持者が失業・廃業した場合はその事実が確認できる書類

申請方法

 「申請書(PDF:181KB)申請書(エクセル:19KB)」どちらかの申請書をダウンロードし、必要事項を記入し、必要書類を揃えたうえで介護保険課保険料係(市役所2号館2階6番)へ申請してください。

  ※感染症拡大防止のため、申請書類はできるだけ郵送で提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部介護保険課

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 介護保険課」で届きます>

電話番号:046-822-8293

ファクス:046-827-8845

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?