ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険 新型コロナウイルス感染症に感染した方等に対する傷病手当金の支給について

更新日:2021年5月27日

ここから本文です。

国民健康保険 新型コロナウイルス感染症に感染した方等に対する傷病手当金の支給について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、次の支給要件を満たす国民健康保険加入者の方に、傷病手当金を支給します。

支給対象者(1から3の全てに該当する方)

  1. お勤め先から給与の支払いを受けている方で、新型コロナウイルスに感染、または発熱等の症状があり感染が疑われる方。
  2. 感染または感染の疑いにより、その療養のために労務に服することができず、その期間が3日間を超える方。
  3. 労務に服することができない期間に対する給与の支払いを受けられない方。(支払いを受けることができる給与の額が傷病手当金よりも少ない場合は、その差額を支給します。)

支給額

直近の継続した3カ月の給与収入の合計額を就労日数で除した金額 × 2月3日 ×(労務に服することができない期間の日数 - 3日間)

(例)直近の継続した3月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額 4,800円の方が、10間休んだ場合

4,800円 × 2月3日 ×(10日間 - 3日間)=22,400円

「一日当たりの収入×2月3日」の金額が30,887円を超える場合は、その金額となります。

対象期間

令和2年1月1日から令和3年9月30日(延長されました)の間で労務に服することができない期間。(ただし、入院が継続する場合は最長1年6カ月まで)

今後の新型コロナウイルスの感染の状況によっては期間が延長になることがあります。

申請方法

以下の1から4の申請書をご記入のうえ、健康保険課へご提出ください。

  1. 国民健康保険傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)
  2. 国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)
  3. 国民健康保険傷病手当金支給申請書(事業主記入用)
  4. 国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)
  5. 申立書※(4.医療機関記入用)が入手できなかった場合に必要

4(医療機関記入用)は感染または感染の疑いにより受診した医療機関に作成を依頼してください。自宅待機等により医療機関を受診できなかった場合は、4(医療機関記入用)の提出は不要ですが、その場合2(被保険者記入用)の事業主記入欄に事業主からの証明が必要です。

5(申立書)は医療機関に受診したが、医療機関から4(医療機関記入用)が入手できなかった場合に必要です。添付書類を添えてご提出ください。

記入例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康保険課

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階<郵便物:「〒238-8550 健康保険課」で届きます>

電話番号:046-822-8232

ファクス:046-822-4718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?