ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 入院時生活療養費

更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

入院時生活療養費

療養病床に入院する65歳以上の人は入院時生活療養費を負担することとなりました。

生活療養費

生活療養費は、年齢により、判定方法及び金額が以下のように異なります。

入院時生活療養費標準負担額一覧表
 

区分

食費(1食)

居住費(1日)

1 一般(2、3以外の人) 460円(420円※1) 370円
2 市民税非課税世帯
(70歳以上は低所得Ⅱの人)
210円 370円
3 70歳以上で低所得Ⅰの人 130円(100円※2) 370円

※1医療機関の施設基準等により、420円となる場合もあります。

※2入院医療の必要性が高い人(医療区分Ⅱ・Ⅲ)の場合。
(注)2、3の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示する必要があります。申請方法等は「医療費が高額になる場合の事前のお手続き(限度額適用認定証等の交付について)」をご確認ください。
(注)70歳以上で、入院医療の必要性の高い患者及び回復期リハビリを受ける患者は、食事療養費標準負担額を負担し、生活療養標準負担額の負担はありません。

減額認定証を提示できなかったとき

減額認定証を医療機関に提示できなかったときは、1食につき460円支払わなければなりませんが、申請すれば差額がもどります。
(注)お支払いは申請当日ではなく、後日、原則として希望の金融機関口座へのお振込になります。

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 世帯主の印鑑(朱肉を使うもの)
  • 銀行の預金通帳または口座番号などがわかるもの
  • 医療機関へ支払った領収書

(注)申請には世帯主と対象者(入院時生活療養を受けた方)の「マイナンバー」が必要です。
しかし、記載されていなくても、申請は可能です。


「マイナンバー」を記載した場合は、確認のため次の1、2を提示してください。
1.世帯主の個人番号カード、または、通知カード
2.世帯主の運転免許証などの顔写真付身分証
(または保険証と年金手帳など、顔写真なしの身分証・公的書類を2点)

世帯主以外の方が申請する場合は、次の3、4、5を提示してください。
3.世帯主の個人番号カード、または、通知カード
4.世帯主の保険証、または、委任状
5.代理人の運転免許証などの顔写真付身分証
(または保険証と年金手帳など、顔写真なしの身分証・公的書類を2点

※入院時生活療養費の2回目の申請からは「マイナンバー」の記載は不要です。

申請先

  • 健康保険課(市役所1階22番窓口)または行政センター

お問い合わせ

福祉部健康保険課

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階<郵便物:「〒238-8550 健康保険課」で届きます>

電話番号:046-822-8232

ファクス:046-822-4718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?