ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施設 > 指定管理者 > 指定管理者制度導入済施設一覧 > 市民病院の管理状況

更新日:2021年9月30日

ここから本文です。

市民病院の管理状況

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による管理状況については、施設を所管する健康部市立病院課が定期的に現地確認調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設

指定管理者の概要および業務内容

名称
公益社団法人地域医療振興協会

所在地
東京都千代田区平河町2丁目6番3号

代表者
理事長

指定(管理)期間
2018年04月01日から2022年03月31日

業務

  1. 市民病院の健全な運営に関すること
  2. 市民病院における医療の提供に関すること
  3. 市民病院の施設及び設備の維持管理に関すること
  4. 市民病院の駐車場の維持管理に関すること
  5. その他
※このページに関してのお問い合わせはこちらまで

健康部市立病院課
TEL:046-822-4346

2021年度の評価

2021年8月分
8月18日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
8月の1日平均患者数は、入院患者186.5人、外来患者411.9人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は15.9人/日であった。
医療機械の維持管理について、CTスキャナ装置、プラズマ滅菌装置等の保守・点検状況を確認した。
施設の管理状況について、老朽化等により修繕が必要な箇所について、適宜修繕を行っており、患者様の安全及び診療に影響が出ないよう管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年7月分
7月21日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
7月の1日平均患者数は、入院患者165.4人、外来患者422.2人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は10.5人/日であった。
廃棄物の処理について、各種実施報告書及びマニフェストを確認し、RI廃棄物、レントゲン廃液、特別管理産業廃棄物、産業廃棄物(ガラス陶器屑、廃プラ類等)、産業廃棄物(汚泥・廃油等)、一般廃棄物、脱水汚泥の運搬及び処分が適切に運用及び管理されていることを確認した。
施設の管理状況について、老朽化等により修繕が必要な箇所について、適宜修繕を行っており、患者様の安全及び診療に影響が出ないよう管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年6月分
6月23日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
6月の1日平均患者数は、入院患者164.7人、外来患者431.0人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は25.8人/日であった。
医療機械の維持管理について、血管撮影システム、人工呼吸器、血液凝固分析装置、プラズマ滅菌装置等の保守・点検状況を確認した。
トイレ消臭・メンテナンス、害虫駆除、給食管理について、各種実施報告書を確認し、適切に運用及び管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年5月分
5月19日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
5月の1日平均患者数は、入院患者168.1人、外来患者416.4人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は8.6人/日であった。
病院が組織規程に基づいて運営されているか、組織図や経営会議等の議事録を確認した。確認の結果、組織図が適宜更新されていることや、経営会議等の議事録を残しており、管理者まで回覧していることを確認した。
職員を対象とした教育・研修が実施されているか、研修・学会出席実績や図書室の利用状況を確認し、各職員が適宜必要な研修を受講していることと、図書室が自己研鑽のために職員に利用されていることや、必要に応じて書籍の入れ替えを行っていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年4月分
4月21日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
4月の1日平均患者数は、入院患者187.1人、外来患者431.0人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)患者は6.2人/日であった。
医療機械の維持管理について、各種実施報告書を確認し、移動型外科用X線テレビ装置(BVEndura)、乳房用デジタルX線撮影装置(SenographeDSVP)、逆浸透水処理システム(SHR-81)の保守・点検が適切な時期に実施されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年度の評価

2021年3月分
3月17日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
3月の1日平均患者数は、入院患者211.1人、外来患者476.2人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)患者は5.1人/日であった。
施設の管理状況について、療養環境の適切な維持ができているか聞き取り及び現地確認を行った。確認の結果、BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を用いることで、空調は自動で温度設定がなされていることと、日々の室温・湿度のデータを中央監視室の作業日誌に記録していることにより、室温・湿度の異常が発生していないことを確認した。
指定管理者が行った医薬品等の実地たな卸の状況を確認したところ、指定管理者本部が定めた方法に基づき適切に行われていた。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年2月分
2月17日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
2月の1日平均患者数は、入院患者235.5人、外来患者482.9人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)患者は15.2人/日であった。
地域における役割と連携が適切に図られているか、聞き取り確認を行った。聞き取りの結果、今年度は新型コロナの影響により、年に1回の地域との交流会や、広報活動として行っている市民に向けた講演会等が中止となったことを確認した。また、市立2病院の連携については、幹部会議、経営会議、合同会議という形で、月に3回の連携を図っていることを確認した。
建築基準法第12条点検が適切に実施されているか、結果報告書の確認および聞き取り確認を行った。確認の結果、施設内の防火等の設備について点検が実施されており、是正が必要な箇所については、順次修理といった対応を行っていることを確認した。
施設・設備の点検状況について、各種日誌及び報告書を確認し、中央監視およびボイラー管理業務、警備業務、自動制御装置の保守点検が適切な時期に実施されていることを確認した。
施設の清掃実施状況について、実施報告書を確認し、雨水槽の清掃が適切な時期に実施されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2021年1月分
1月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
1月の1日平均患者数は、入院患者228.3人、外来患者487.8人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)患者は28.1人/日であった。
新型コロナの対応が長期化していることで、新型コロナ専用病棟の運用状況について確認を行った。職員に疲労やストレスが溜まってきているように見受けられていることから、勤務状況の確認を行った。新型コロナ専用病棟に勤務する看護師のローテーションを組むといった対策を行い、指定管理者が負担の軽減に努めていることを確認した。
施設の清掃実施状況について、実施報告書を確認し、汚水槽・雑排水槽の清掃が適切な時期に実施されていることを確認した。
廃棄物の処理について、各種実施報告書及びマニフェストを確認し、産業廃棄物(汚泥・廃油等)の運搬及び処分が適切に運用及び管理されていることを確認した。
業務日報等作成・整理・保管状況について、収入日計表、調定簿、未収金整理簿等を確認し、各種業務状況の管理簿が日々漏れなく更新されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年12月分
12月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
12月の1日平均患者数は、入院患者213.1人、外来患者512.0人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は20.1人/日であった。
施設の運営状況について、個人情報保護規定、診療録開示記録を確認し、個人情報の管理、必要に応じた開示が適切に実施されていることを確認した。
施設・設備の点検状況について、各種実施報告書を確認し、受電設備・停電検査、除外施設及び関連施設の保守が適切に実施されていることを確認した。受電設備・停電検査の結果については、一部指摘事項があるが、全館停電が必要な対応もあるため、方法・時期について検討を継続している状況であることを確認した。
廃棄物の処理について、各種実施報告書及びマニフェストを確認し、産業廃棄物(ガラス陶器屑、廃プラ類等)、脱水汚泥の運搬及び処分が適切に運用及び管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年11月分
11月19日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
11月の1日平均患者数は、入院患者196.8人、外来患者492.4人であった。なお、入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症患者は14.8人/日であった。
施設や設備の点検状況について、各種実施報告書を確認し、構内電話交換設備や、放射線施設の環境測定等の施設・設備が適切な時期に点検及び調査がされていることを確認した。
院内施設の清掃実施状況について、各種実施報告書を確認し、院内の一般的な清掃や、花壇の草花植付等が定期的に実施されていることを確認した。
廃棄物の処理について、各種実施報告書及びマニフェストを確認し、特別管理産業廃棄物(感染性廃棄物等)の運搬及び処分が適切に運用及び管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年10月分
10月15日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
10月の1日平均患者数は、入院患者196.1人、外来患者453.7人であり、計画(予算)を大幅に下回っており、前月比でも減少した。特に外来患者の減少については、新型コロナウイルス感染症の影響が続いているものと思われる。
廃棄物の処理について、各種実施報告書及びマニフェストを確認し、RI廃棄物、レントゲン廃液の運搬及び処分が適切に運用及び管理されていることを確認した。
医療機械の維持管理について、各種点検報告書を確認し、磁気共鳴画像診断装置1.5T(Symphony)、CTスキャナ装置(ONE320列)、血液凝固分析装置等の医療機械が、適切な時期に漏れなく保守・点検が実施されており、診療の安全確保に努めていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年9月分
9月17日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
9月の1日平均患者数は、入院患者206.9人、外来患者499.8人であり、計画(予算)を大幅に下回っているものの、前月比で外来患者数は増加した。
診療、会計待ち時間について、目安時間を掲示していることや、会計窓口の配置を「カルテ回収」から「支払い」へとスムーズに進めるよう並べ、会計手続きをする患者が混乱しないよう、工夫していることを確認した。また、診療科別の患者が受付から診察終了までの所要時間のデータを確認し、年々減少傾向にあることを確認した。
施設の清掃状況については、各種実施報告書を確認し、受水槽・高架水槽、グリストラップ清掃及び汚泥収集運搬処理が適切に実施及び管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年8月分
8月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
8月の1日平均患者数は、入院患者209.5人、外来患者446.4人であり、計画(予算)を大幅に下回っているものの、前月比で入院患者数は増加した。
医療関連感染管理について、マニュアルや委員会等活動状況を確認し、適切に運用及び管理されていることを確認した。
施設や設備の点検状況については、各種点検報告書を確認し、昇降機設備、健康管理センター昇降機が適切な時期に点検されていること及び、実施報告書を確認し、駐車場運営が適切に運用及び管理されていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年7月分
7月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
7月の1日平均患者数は、入院患者185.5人、外来患者480.0人であり、入院患者数、外来患者数ともに計画(予算)を大幅に下回っているものの、前月比では増加した。
施設の維持管理について、病院施設の警備、安全管理や、医療安全管理に関する各種書類確認及び聞き取り調査を行い、適切に管理が行われていることを確認した。
施設の運営状況については、病院利用者からのご意見を患者支援室に集約し、全てのご意見を管理者まで供覧していることや、管理者決裁の上で要望に対する回答を掲示していることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年6月分
6月17日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
6月の1日平均患者数は、入院患者179.3人、外来患者449.2人であり、入院患者数、外来患者数ともに計画(予算)を大幅に下回っているものの、前月比では増加した。入院患者増加の主な要因は、前月までは新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急性の高い手術のみを対応していたが、今月からは対応件数を徐々に通常件数に戻すように対応したためである。
施設の維持管理について、空調用チラー、自動ドア設備等の設備に関する部分や、ガンマカメラ装置、乳房用デジタルX線撮影装置、逆浸透水処理システム等の医療機器に関する部分の、保守点検状況に係る書類確認及び聞き取り調査を行ったところ、適切に管理が行われていた。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年5月分
新型コロナウイルス感染症の流行や、国の緊急事態宣言を受け、現地調査に代えて、メール及び電話による聞き取りを行った。指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
5月の1日平均患者数は、入院患者176.4人、外来患者411.0人であり、入院患者数、外来患者数ともに計画(予算)を大幅に下回っている。主な要因は、新型コロナウイルス感染症の影響によるものと思われる。
指定管理業務としての病院運営上の諸課題の検討等を行うための会議の開催状況について、以下の2点を軸として開催されていることを確認した。
・各部門から病院全体に係る案件等の報告及び重要事項を決定する幹部会議を週1回開催。
・市立2病院が連携を図り病院運営をしていくため、2病院合同の幹部会議を月1回開催。
医療事故・緊急事態発生時・犯行予告時の連絡体制について、医療事故発生時の対応マニュアルや、緊急事態発生時の連絡体制(フロー)を作成し、適宜見直しが実施されていることを確認した。また、日中だけでなく、夜間や休日の突発性事案発生にも対応できるよう、連絡体制が整っていることを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2020年4月分
新型コロナウイルス感染症の流行や、国の緊急事態宣言を受け、現地調査に代えて、メール及び電話による聞き取りを行った。指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
4月の1日平均患者数は、入院患者191.5人、外来患者406.7人であり、入院患者数、外来患者数ともに前月比で減少した。入院患者減少の主な要因は、前月に引き続き、新型コロナウイルス感染症患者受け入れのため、一般病棟の一部を感染症患者専用病棟としての運用に変更したためである。外来患者減少の主な要因は、国の緊急事態宣言に伴う外出自粛の影響等によるものと考えられる。
指定管理者が外部委託している医療機器の保守点検委託について、令和2年度4月の委託先変更の有無を確認した。
前回、平成28年度から29年度にかけて実施した固定資産実査について、今年度から改めて実施するが、新型コロナウイルス感染症流行への対応を鑑み、概ね3年かけて実施することを確認した。
以上により、適切な管理が行われていることを確認した。

2019年度の評価

2019年度(年間評価)
指定管理者は、協定書に基づき施設を適切に管理し、健全な運営を行った。
令和元年9月に西棟の一部の未稼働病床であった20床を稼働させ、年度末における一般病床の稼働病床数は376床とすることで、診療体制の充実を図った。また、令和2年2月から第二種感染症指定医療機関として新型コロナウイルス感染症患者の入院診療を行うとともに、横須賀市保健所の依頼に基づき帰国者・接触者外来を設置し、新型コロナウイルス感染症への対応を進めた。

2020年3月分
3月25日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
3月の1日平均患者数は、入院患者207.2人、外来患者520.4人であり、入院患者数、外来患者数ともに前月比で減少した。入院患者減少の主な要因は、新型コロナウイルス感染症患者受け入れのため、一般病棟の一部を感染症患者専用病棟としての運用に変更したことである。
窓口収入金などの院内で一時的に保管する現金の管理方法について、適切に保管されていることを確認した。
保健所による医療監視結果については、過去の健康管理センターの広告の一部表現について注意を受けた(是正済み)。しかし、不適合事項の指摘は無く、法令等を遵守した管理運営が行なわれている。
ばい煙測定委託等の実施状況、血管撮影システム等保守点検契約に係る書類確認及び聞き取り調査を行ったところ、適切に行われていた。

2020年2月分
2月19日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
2月の1日平均患者数は、入院患者235.6人、外来患者536.2人であり、入院患者数が前月比で若干減少した。
職員の勤怠管理について、確認を行った。今年度より、ICカードによる勤怠管理を導入しており、休暇の取得状況については平均で年12日程度となっていることを確認した。時間外勤務が月あたり30時間を超えた職員については、院内の安全衛生委員会に報告することになっていることを確認した。
花壇草花植付補助業務委託の実施状況、臨床検査情報システム保守契約、薬剤部機器システム保守契約等に係る書類確認及び聞き取り調査を行ったところ、適切に行われていた。

2020年1月分
1月22日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
1月の1日平均患者数は、入院患者242.0人、外来患者582.8人であり、入院患者数が更に増加した。
医療安全管理の状況について確認したところ、医療安全管理委員会が毎月開催されており、各部署から報告されるインシデント・アクシデントレポートを基にした事例研究を行い、再発防止に向けた取り組みがなされていた。また、職員全てが医療安全管理に対する認識を持つよう、全職員を対象とした研修を実施している。
冷温水発生機保守委託、産業廃棄物収集運搬処分業務委託等の実施状況、磁気共鳴画像診断装置(MRI)等の保守点検状況に係る書類確認及び聞き取り調査を行ったところ、適切に行われていた。

2019年12月分
12月18日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
12月の1日平均患者数は、入院患者228.8人、外来患者590.1人であり、入院外来ともに患者数が増加した。
外来エリアと各病棟に意見箱を設置し、投書された意見等は全て管理者まで供覧を行っている。また、回答が求められている意見に対しては、病院としての回答を作成し、院内掲示板に掲示している。
自動ドア設備保守、除草・剪定等業務委託の実施状況、ガンマカメラ、乳房用デジタルX線撮影装置(マンモグラフィ)等の点検実施報告書の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年11月分
11月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
11月の1日平均患者数は、入院患者221.2人、外来患者564.1人であり、入院患者数が少なかった9~10月に比べて若干増加した。
診療収入に関する事務処理のうち、窓口収入金については、入院、外来ごとにまとめられており、日ごとに医事課長の決裁を受けている。調定集計については月ごとに事務部長の決裁を受けていることを確認した。
医療ガス供給設備保守点検、雨水槽清掃委託等の実施状況、全身麻酔器、プラズマ滅菌装置等の点検実施報告書の確認を行ったところ、適切に行われていた

2019年10月分
10月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
10月の1日平均患者数は、入院患者205.9人、外来患者540.9人であり、3ヶ月連続で入院患者数が減少した。引き続き患者数の増加に向けた対策実施を指示した。
感染対策について、病院職員向け研修や、関係職員が出席する各種委員会をマニュアルに沿って実施していることを確認した。
病院職員向け研修については、年度当初に研修担当が年間スケジュールを提示し、各職員の判断で参加している。
レントゲン廃液収集運搬委託、磁気共鳴画像診断装置(MRI)等の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年9月分
9月18日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
9月の1日平均患者数は、入院患者210.1人、外来患者573.0人であり、2ヶ月連続で入院患者数が減少した。引き続き原因分析と対策実施を指示した。
医療事故、緊急事態発生時の通報体制等について、緊急対応マニュアルを策定している。また、緊急時でも見やすいようにフローチャート版も作成している。
看護師確保対策に関する取組として、年間20回を超える合同就職説明会への参加、市広報誌等を通じての看護師募集、看護学校への訪問、看護実習の受入を積極的に行っている。
ばい煙測定委託、受水槽・高架水槽清掃委託等の実施状況、血管撮影システム、高圧蒸気滅菌装置の保守・点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年8月分
8月21日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
8月の1日平均患者数は、入院患者220.7人、外来患者529.0人であり、患者数が減少した。患者数減少に対する原因分析と対策実施を指示した。
会計時の待ち時間については、診療費支払機による対応が患者へ浸透しており、混雑している様子は見られなかった。
個人情報の取り扱いに関して、病院で個人情報保護委員会を設置し、適切な管理に努めている。また、全職員が個人情報に係る正しい知識を持ち、適切な取り扱いができるよう年1回研修会も開催している。
駐車場運営管理委託、給食管理委託等の実施状況、ガンマカメラ装置、血液凝固分析装置の保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年7月分
7月18日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
7月の1日平均患者数は、入院患者251.5人、外来患者569.2人であり、おおむね順調な運営がされている。
地域の医療機関との連携としては、病診連携会の開催、市を交えての西南地区在宅療養ブロック会議の開催等、地域医療支援病院として求められる役割を発揮できるよう努めている。
自家発電設備、医療ガス供給設備保守委託の実施状況及びCTスキャナ装置、人工呼吸器等の点検状況について確認を行ったところ、適切に行われていた。
横須賀市役所職員を対象とした定期健康診断を請け負い、滞りなく実施したとの報告を受けた。

2019年6月分
6月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
6月の1日平均患者数は、入院患者247.1人、外来患者542.6人であり、おおむね順調な運営がされている。
病院利用者からの意見等に関して、外来と各病棟に設置している意見箱に寄せられたご意見に対する回答を院内に掲示している。意見等については全て日ごとにまとめた上で、病院管理者に報告している。
冷温水発生機、自動ドア設備保守委託等の実施状況、一般X線撮影装置等の点検状況について確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年5月分
5月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
5月の1日平均患者数は、入院患者258.2人、外来患者610.4人であり、おおむね順調な運営がされている。
労働安全衛生委員会は、定例的(月1回)に開催されており、病院職員の健康診断受診状況や、労働時間等についての報告がなされている。
医療安全管理委員会は、定例的(月1回)に開催されているほか、緊急時には臨時で開催されている。
中央監視及びボイラー管理業務、除害施設及び関連施設保守委託等の実施状況、磁気共鳴画像診断装置(MRI)、プラズマ滅菌装置等の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年4月分
4月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
4月の1日平均患者数は、入院患者253.2人、外来患者571.5人であり、おおむね順調な運営がされている。
指定管理者が行った医薬品等の実地たな卸の状況を確認したところ、指定管理者本部が定めた方法に基づき適切に行われていた。
防災管理点検委託、一般X線撮影装置及び多人数用透析液供給装置等の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。
医師確保や看護師確保についての取り組みは引き続き積極的な活動が行われており、4月1日時点の在籍人数は、常勤医師64人、常勤看護師・助産師284人となっている。

2018年度の評価

2018年度(年間評価)
指定管理者は、協定書に基づき施設を適切に管理し、健全な運営を行った。
平成30年4月に脳卒中当直を週2日から週4日とし、救急医療体制の拡充を図った。また、11月には休棟していた東棟3階病棟を回復期リハビリテーション病棟(34床)としてオープンした。10月の中5階病棟での10床増床と合わせ、平成30年度末における一般病棟での稼働病床数は356床となった。
収支については、指定管理者の経営努力により2年連続で黒字となっており、引き続き健全な運営を行うよう指示した。

2019年3月分
3月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
3月の1日平均患者数は、入院患者273.5人、外来患者571.5人であり、おおむね順調な運営がされている。
建築基準法第12条点検の実施状況について、11月に院内の各建築物に対し法定点検調査を実施したことを確認した。指摘事項について改善予定であることを確認した。
乳房用デジタルX線撮影装置(マンモグラフィ)、多人数用透析液供給装置及び電子カルテシステムの保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。
保健所による医療監視結果については、不適合事項及び注意事項の指摘は無く、法令等を順守した管理運営が行われている。

2019年2月分
2月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
2月の1日平均患者数は、入院患者320.7人、外来患者575.7人であり、順調な運営がされている。
労働基準法等の法令順守状況について、勤怠管理の方法、休暇取得状況、時間外勤務の把握および超過職員への対応等を確認し、適切に行われていることを確認した。
花壇草花植付業務委託の実施状況、移動型外科用X線テレビ装置等の保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。

2019年1月分
1月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
1月の1日平均患者数は、入院患者269.5人、外来患者611.9人であり、順調な運営がされている。
医療安全管理の状況について確認したところ、医療安全管理委員会が毎月ないし緊急時には随時開催されており、各部署から報告されるヒヤリハット・インシデントレポートを基にした事例研究を行い、再発防止に向けた取り組みがなされていた。
冷温水発生機保守委託、及び産業廃棄物収集運搬処分業務委託等の実施状況、磁気共鳴画像診断装置、移動型X線撮影装置等の保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年12月分
12月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
12月の1日平均患者数は、入院患者211.2人、外来患者602.0人であり、おおむね順調な運営がされている。
病院利用者からの意見等に関して、患者支援室で個別相談に応じたり、委員愛投書箱に寄せられたご意見に対する回答を院内掲示したりして対応している。また、対応記録、投書された意見は病院管理者まで報告がなされている。
自動ドア設備保守委託、除草・剪定等業務委託等の実施状況、ガンマカメラ、血管撮影システム等の保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年11月分
11月22日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
11月の1日平均患者数は、入院患者233.6人、外来患者601.7人であり、おおむね順調な運営がされている。
診療収入に関する事務処理のうち未収金管理に関して、診療費の支払期日を延期する者に対しては支払誓約書の提出を求める等の対応がなされており、事務手続きにおいても上席者の確認・承認がなされており、適切に行われていた。
ボイラー及び圧力容器性能検査前整備委託、雨水槽清掃委託などの実施状況、全身麻酔器、高圧蒸気滅菌装置等の保守・点検状況に係る確認を行ったところ、適切に行われていた。
10月19日に行われた消防局による立ち入り検査の結果を確認した。防災設備に関する維持管理についての指摘を受け、指摘事項については順次改善をしていき、来年度中には完了する予定であることを確認した。

2018年10月分
10月26日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
10月の1日平均患者数は、入院患者236.7人、外来患者585.9人であり、おおむね順調な運営がされている。
感染対策について、院内感染対策に係るマニュアルに沿って関係職員が出席する各種委員会が定期的に開催されている。
職員の研修について、研修担当が年間スケジュールを作成し、各種研修を実施している。また、自己啓発に対する補助制度がある。
医療ガス供給設備保守委託、レントゲン廃液収集運搬委託等の実施状況、及び磁気共鳴画像診断装置(MRI)、CT装置等の保守、点検状況に係る書類確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年9月分
9月19日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
9月の1日平均患者数は、入院患者234.1人、外来患者574.0人であり、おおむね順調な運営がされている。
医療事故や緊急事態発生時の緊急対応マニュアルが整備されており、緊急時でも職員が見やすいようにフローチャート版も作成している。また、爆破予告等犯行予告に対する対応マニュアルも策定している。
ばい煙測定委託、冷温水発生機保守委託等の実施状況、及び磁気共鳴画像診断装置(MRI)、血管撮影システムの保守、点検状況に係る書類確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年8月分
8月15日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
8月の1日平均患者数は、入院患者260.4人、外来患者589.8人であり、おおむね順調な運営がされている。
個人情報の取り扱いに関して、病院で個人情報保護委員会を設置し、適切な管理に努めている。また、全職員が個人情報に係る正しい知識を持ち、適切な取り扱いができるよう年1回研修会も開催している。
駐車場運営管理委託、給食管理委託等の実施状況、及びガンマカメラ装置、血液凝固分析装置の保守、点検状況に係る書類確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年7月分
7月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
7月の1日平均患者数は、入院患者242.4人、外来患者596.9人であり、おおむね順調な運営がされている。
地域の医療機関との連携としては、病診連携会の開催、西南地区在宅療養ブロック会議の開催等、地域医療支援病院として求められる役割を発揮できるよう努めている。
自家発電設備保守点検委託、害虫駆除委託等の実施状況、CT装置及び人工呼吸器の点検状況に係る書類確認を行ったところ、適切に行われていた。
事業所従業員に対する定期健康診断の請負業務において、業務上の誤りが散見されていたため、原因究明と再発防止に努めるよう強く注意した。

2018年6月分
6月20日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
6月の1日平均患者数は、入院患者207.7人、外来患者564.4人であり、おおむね順調な運営がされている。
病棟、および外来受付に意見箱を設置し、病院利用者が誰でも簡単に意見を言えるように配慮している。意見箱に寄せられた意見等は全て管理者まで供覧している。回答が求められている意見については、回答を「患者さんのご意見にお答えします」という見出しで院内に掲示している。
冷温水発生保守委託、除草・剪定等業務の実施状況、一般X線装置等の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年5月分
5月16日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
5月の1日平均患者数は、入院患者221.1人、外来患者611.5人であり、おおむね順調な運営がされている。
労働安全衛生委員会は、定例的(月1回)に開催されており、病院職員の健康診断受診状況や、労働時間等についての報告がなされている。
医療安全委員会は、定例的(月1回)に開催されているほか、緊急時には臨時で開催されている。
警備業務委託、昇降機設備保守委託等の実施状況、磁気共鳴画像診断装置(MRI)、放射線治療装置の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。

2018年4月分
4月18日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
4月の1日平均患者数は、入院患者230.9人、外来患者585.3人であり、おおむね順調な運営がされている。
指定管理者が行った医薬品等の実地たな卸の状況を確認したところ、指定管理者本部が定めた方法に基づき適切に行われていた。
ばい煙測定委託、医療ガス供給設備保守委託、一般X線撮影装置及び高圧蒸気滅菌装置等の点検状況の確認を行ったところ、適切に行われていた。
医師確保や看護師確保についての取り組みは、引き続き積極的な活動が行われており、4月1日時点の在籍人数は常勤医師64人、常勤看護師・助産師256人となっている。

お問い合わせ

民生局健康部市立病院課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4346

ファクス:046-822-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?