ホーム > 新型コロナウイルス感染症の消毒について

更新日:2021年1月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の消毒について

施設を消毒をする際の参考にしてください。

消毒方法

  • 感染を防ぐため、使い捨てのマスク・手袋を着用します。
  • ペーパータオル(使い捨ての布でも可)に消毒液を含ませて不特定多数が触れた部分を拭き、乾燥させます。
  • 消毒する部分が濡れていると消毒液が薄まるため、水分を拭き取ってから消毒しましょう。(水分を拭き取ったペーパータオルは二重にしたごみ袋に入れて破棄します。)

使用する消毒液

  • 通常の環境消毒は次亜塩素酸ナトリウム(濃度0.05%)または消毒用エタノール(濃度70%以上)を使用します。
  • 嘔吐物の消毒や患者が使用したトイレ等を消毒する場合は次亜塩素酸ナトリウム(濃度0.1%)を使用します。

次亜塩素酸ナトリウムの作成方法

原液濃度が6%の場合、500mlのペットボトル1本に対して、

0.05%=ペットボトルのキャップ1杯

0.1%=ペットボトルのキャップ2杯

と500mlの水を入れて混ぜます。

金属部位を次亜塩素酸ナトリウムで消毒した場合は、金属が腐食するため、10分程度たったら水拭きしてください。

消毒する場所

家庭

居間・食事部屋

ドアノブ、窓の取手、照明のスイッチ、テーブル、椅子、電話機、テレビやエアコン等のリモコン、パソコンのキーボード等

浴室

水道の蛇口、ドアノブ、窓の取手、照明スイッチ等

トイレ

流水レバー、便器のフタ、ドアノブ等

職場・集合住宅

共有部分

エレベーターやオートロック、コピー機等のボタン、建物出入口のドアノブやハンドル、共有のトイレや給水場所の蛇口、電話機等

片付け

使い終わったペーパータオルは二重にしたごみ袋に入れて廃棄します。

消毒が終了したら、手袋・マスクの順に外して二重にしたごみ袋に入れて廃棄します。

すべての作業が終わったら、入念に手洗いをしてください。

消毒する際の注意点

消毒中は十分な換気をしてください。

製品に書かれている「使用上の注意」を読んでから使用してください。

消毒に使った次亜塩素酸ナトリウムは、誤飲のおそれがないように、余った場合は廃棄してください。

職場等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した時の対応

職場等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した時は、以下のチェックリストを参考にして感染症対策を行ってください。

職場等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した時のチェックリスト(PDF:48KB)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?