ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > ひきこもり > ひきこもりって

更新日:2020年7月6日

ここから本文です。

ひきこもりって

~ひきこもっているあなたへ・ひきこもっている方を持つ家族の方へ~

「ひきこもり」とはさまざまな要因によって社会的な参加の場面がせばまり、自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態のことをさします。
その中で、精神障害が原因と考えにくいものを「社会的ひきこもり」と呼びます。
※統合失調症、うつ病、強迫性障害、パニック障害などの精神の病気や障害が原因でひきこもる場合があります。
その場合は、病気や障害の治療が優先されます。

 

ひきこもっている人のこころの中は・・・
「私だって、好きでひきこもっているのではありません。」

「今の生活が楽しい訳ではありません。毎日葛藤しています。でも、学校(会社)へは行けません。」

「家族からは『なまけ病だ。』『「頑張りが足りない。』と言われます。だから家にいるのもつらい。」

「今まで、学校を卒業し仕事を転々としましたが、長続きしません。」

「職場でいじめにあってから、対人恐怖を感じてしまいます。それ以降、全く仕事をしていません。」

「コンビニの買物は出来ます。現状から、脱出出来なくて苦しんでいます。」

悩んでいるのはあなただけではありません。

一説では、全国に数十万人あるいは100万人ともいわれています。

ひきこもっている方を持つ家族の方へ・・・

 

ご家族のこころの中は・・・

「息子(娘)は、仕事もろくにしないで、自分の部屋にひきこもっています。それを注意すると『ウルせー、人の気持ちもわからないクセに』といって反抗します。」
「最近は、怖いから『触らぬ神にたたりなし』で腫れ物にさわる思いです。」
「小さい頃から良い子だったのに、何でこんなになってしまったのか?」

悩んでいるのは、あなたの家族だけではありません。
家族だけでは、なかなか解決できないことを、保健所に相談することで多少希望が見えるかもしれません。

そんな、あなたや家族を支援します。

保健所・こども家庭支援課に御相談下さい。
秘密はもちろん守られますし、名前や会社名(学校名)も言わなくても大丈夫です。
電話がしづらい場合は、メールによる相談も受け付けています。

参考資料1:保健所で実施しているひきこもり支援事業の案内チラシ(PDF:351KB)
参考資料2:横須賀市のひきこもりに関する相談窓口の案内チラシ(PDF:306KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4336

ファクス:046-822-4375

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?