ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 感染症対策 > 風しん抗体検査・予防接種の助成を実施しています

更新日:2019年8月8日

ここから本文です。

風しん抗体検査・予防接種の助成を実施しています

横須賀市では、「先天性風しん症候群」の発生を予防するため、妊娠を予定または希望される方などに対して、風しん抗体検査(風しんの免疫があるか調べる検査)と予防接種の費用を助成しています。

【先天性風しん症候群とは?】
妊娠初期の女性が風しんウイルスに感染すると、お腹の中の赤ちゃんも風しんウイルスに感染し、難聴・心疾患・白内障・精神や身体の発達の遅れ等の症状をもった赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。これらの病気のことを「先天性風しん症候群」といいます。

1.風しん抗体検査

【対象者】
検査実施日時点で横須賀市に住民登録がある、
(1)妊娠を希望する女性
(2)妊娠している女性のパートナー(胎児の父親)
(3)妊娠を希望する女性のパートナー
「パートナー」は、配偶者のほか、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。
ただし、以下の方は対象から除きます。
・風しんの抗体検査、予防接種を受けたことがある方
・風しんにかかったことがある方

【自己負担額】
無料

2.予防接種(MRワクチン)

【対象者】
上記の「1.風しん抗体検査」を受けた結果、風しん抗体価が十分でなかった方
・横須賀市の助成制度を使わずに風しん抗体検査を受け、抗体価が十分でない検査結果用紙をお持ちの方は、抗体検査を受けずに予防接種の助成制度を利用できる場合があります。詳細は保健所健康づくり課感染症対策係(046-822-4317)にお問い合わせください。

【自己負担額】
3,000円

3.実施期間

平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日

4.実施場所

横須賀市内の協力医療機関(約140か所)で実施しています。
市内協力医療機関(PDF:180KB)(ご注意:この医療機関リストはクーポン券対応のリストではありません。)

昭和37年(1962年)4月2日~昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性で、
風しんのクーポン券をご利用になる場合は、こちらの医療機関リスト(PDF:205KB)
ご参照ください。

5.申し込み方法

横須賀市内の協力医療機関にお電話等でご予約のうえ、医療機関に直接申し込みを行ってください。
協力医療機関は「4.実施場所」のPDFをご参照ください。
事前に用意する申請書等はありません。

6.その他

必ず抗体検査を受け、風しん抗体価の低かった方のみ予防接種の助成を受けることができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?