ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 感染症対策 > インフルエンザ > インフルエンザ流行情報の基準について

更新日:2017年2月17日

ここから本文です。

インフルエンザ流行情報の基準について

流行の判断基準としているのが「1医療機関あたりのインフルエンザ新規患者数」です。
横須賀市内にはインフルエンザ流行情報協力医療機関が14箇所あります。これら医療機関から1週間ごとのインフルエンザ新規患者数の報告があり、これを基に「1医療機関あたりのインフルエンザ新規患者数」を算出します。
この「1医療機関あたりのインフルエンザ新規患者数」をもって、流行のレベルを3段階に分けて表示しています。
なお、これらの流行レベルについては国立感染症研究所「感染症情報センター」で使用している流行状況指標に準じております。

流行無し

1医療機関あたりの新規患者数0.0~0.9

 

流行期

1医療機関あたりの新規患者数1.0を超えると流行期に入ったことになります。

流行注意報

1医療機関あたりの新規患者数10.0~29.9

 

流行警報

1医療機関あたりの新規患者数30.0以上
いったん警報となった後は、1医療機関あたりの新規患者数が10.0未満となるまで警報が継続します。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?