ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 感染症対策 > 風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

更新日:2018年8月16日

ここから本文です。

風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

  • 平成30年8月現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています。この時期は、多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。
  • 具体的には、第30週から第31週まで(7月23日から8月5日まで)に38例の風しんの届出があり(横須賀市内の届出数は、0例)、多くは30代から50代の男性が占めています。30代から50代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることとが分かっています。
  • 次の点に留意し、特に妊婦を守る観点から、これまで風しんにかかっていない方、風しんの予防接種を受けていない方及び妊娠を希望する女性等は、ご注意ください。

 

  1. 特に30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがあるまたは風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方を除いた方は、任意で予防接種を受けることをご検討ください。
  2. 妊婦への感染を防止するため、特に1.妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族、2.10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い者)のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがあるまたは風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方を除いた方は、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?