ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年5月10日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルスの発生が複数報告されており、必要な情報の収集・公表を行っています。

新型コロナウイルス感染症とは

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスに関するQ&A厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴(2月25日時点)

【感染の仕方】

  • 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。
  • 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

【感染力】

  • 感染力は事例によって様々です。一部に、特定の方から多くの人に感染したと疑われる事例がある一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていません。

【一般的な症状と重症化するリスク】

  • 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。
  • 罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。

「帰国者・接触者相談センター」

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」(電話:046-822-4308、平日:8時30分~20時00分、土休日:9時00分~17時00分、FAX:046-822-4874)にご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

(妊婦の方へ)

  • 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

なお、この目安は、市民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、横須賀PCRセンターや専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

なお、現時点では、新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が、圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配がある時には、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

相談後、医療機関にかかる時のお願い

  • 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することは、お控えください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

市民の皆様へ

  • 市民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の手洗いや咳エチケットなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いします。
  • 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず外出される場合にはマスクを着用していただくようお願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
  • イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ(外部サイト)

電話相談窓口

帰国者・接触者相談センター(受診相談はこちら)

  • 電話番号:046-822-4308
  • 平日:8時30分~20時00分、土休日:9時00分~17時00分
  • FAX:046-822-4874

横須賀市新型コロナウイルス感染症相談窓口(一般的な相談はこちら)

  • 電話番号:046-822-4317
  • 受付時間:8時30分~17時15分(土・日曜日、祝日を除く)
  • FAX番号:046-822-4874

厚生労働省新型コロナウイルス感染症電話相談窓口

  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時00分~21時00分(土・日曜日、祝日も実施)

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル

  • 電話番号:045-285-0536・050-1744-5875
  • 受付時間:平日:9時00分から21時00分(土・日曜日、祝日も実施)

関連リンク

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?