ホーム > 新型コロナウイルスワクチン接種の概要 > 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の基本情報

更新日:2022年1月20日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の基本情報

新型コロナウイルスワクチンは、高い発症予防効果、重症化予防効果がありますが、接種後時間が経つと効果が低下することから、1,2回目接種を済まされた方に3回目接種を行います。

1、2回目の反省を踏まえ、予約時に混乱が起きないよう予約体制を強化し、市民の皆さんに安心して3回目接種を受けていただけるよう事業を実施してまいります。

接種の対象

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下のすべてを満たす全員の方です。

  • 2回目接種を完了した日から65歳以上は6か月、64歳以下は7か月経過した方
  • 18歳以上の方
  • 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※)が完了している方

の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されているファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社のいずれかを接種している場合に限ります。

  1. 海外で2回接種した方
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. 製薬メーカーの治療等で2回接種した方

特に接種をお勧めする方

  • 高齢者、基礎疾患を有する方など「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

接種ワクチン

  • ファイザー
  • モデルナ

安全性

  • ファイザー及びモデルナの薬事承認において、3回目の接種後7日以内の副反応は1・2回目の接種後のものと比べると、どちらのワクチンにおいても、一部の症状の出現率に差があるものの、おおむね1・2回目と同様の症状が見られました。

効果

  • 3回目の接種をした人の方がしていない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。
  • 1、2回目接種でファイザーを接種された方が、3回目でファイザーを接種された場合とモデルナを接種した場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇する結果が報告されています。

3回目接種のお知らせ【外部サイト】

厚生労働省ホームぺージ

神奈川県ホームページ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?