ホーム > 新型コロナウイルスワクチン接種の概要 > 接種後の副反応への対応

更新日:2021年11月11日

ここから本文です。

接種後の副反応への対応

接種後の注意点

ワクチン接種後の副反応を疑う症状があらわれた場合

  • 接種を受けた医療機関やかかりつけ医等に相談・受診してください。
  • 「厚生労働省新型コロナワクチンQ&A」(外部サイト)でも副反応の症状などを調べることができます。
  • 「神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター」でも相談を受け付けています。
    電話番号:045-285-0719
    受付時間:24時間(年中無休)
    ※聴覚に障害をお持ちの方は(こちら(外部サイト)
  • 厚生労働省制作の動画「新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法」はこちら(外部サイト)でご確認ください。

健康被害救済について

新型コロナワクチンの接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

その健康被害が新型コロナワクチンを接種したことによって引き起こされたものか、別の要因によるものかの因果関係を、専門家からなる国の審査会において審議し、新型コロナワクチンの接種によるものと認定された場合に、補償を受けることができます。

申請の必要が生じた場合は、診察した医師や横須賀市新型コロナワクチンコールセンター(0120-432567)までご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?