ホーム > 新型コロナウイルスワクチン接種の概要 > ワクチンの種類

更新日:2022年1月26日

ここから本文です。

ワクチンの種類

ファイザー社のワクチン

1・2回目接種(対象:12歳以上)

通常、3週間の間隔で2回接種します。2回目のワクチンも同じ製薬会社のものを接種します。
前後に他の予防接種を行う場合には、原則13日以上の間隔をおきます。

3回目接種(対象:18歳以上)

2回目接種から原則7か月の間隔を空けて接種します。
1・2回目接種にモデルナ社またはアストラゼネカ社ワクチンを接種した場合でも、接種することができます。

武田/モデルナ社のワクチン

10代20代の男性は、副反応などのリスクをご理解いただき、希望される場合は接種可能です。

1・2回目接種(対象:12歳以上)

通常、4週間の間隔で2回接種します。

3回目接種(対象:18歳以上)

2回目接種から原則7か月の間隔を空けて接種します。
1・2回目接種にファイザー社またはアストラゼネカ社ワクチンを接種した場合でも、接種することができます。

アストラゼネカ社のワクチン(対象:40歳以上(※必要がある場合は、18歳以上40歳未満の方も対象))

通常、4~12週間の間隔で2回接種します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?