ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 高齢者の予防接種 > 高齢者のインフルエンザ予防接種

更新日:2017年9月29日

ここから本文です。

高齢者のインフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種は、高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。
予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまで2週間程度かかり、その効果が持続する期間は約5か月間とされています。
より効果的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことをお勧めします。

実施期間

平成29年10月1日から平成30年1月31日まで

 

医療機関によっては終了時期が異なることがあります。必ず事前に電話等で予約をしてからお出かけください。

対象者

横須賀市内に住民登録(外国人含む)のある次のいずれかに該当する方

  1. 65歳(接種当日)以上の人
  2. 60歳以上65歳未満の「心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に高度の障害がある」方
  3. 東日本大震災の被災者で横須賀市に避難している上記1・2の高齢者インフルエンザ予防接種の対象となる方

高齢者以外の方については、任意接種(医療機関の自由な価格設定)となりますので、接種希望の方は直接、かかりつけ医療機関にお問い合わせください。

回数

期間内に1人1回のみ

費用(一部負担金)

接種費用は、1,700円です。

接種の際、協力医療機関窓口で支払いをお願いします。

接種場所

横須賀市と委託契約を結んだ市内・市外の医療機関及び老人保健施設など(協力医療機関)で実施します。

予診票は、協力医療機関でお受け取りください。

協力医療機関名簿(PDF:341KB)(名簿掲載を希望した医療機関のみのリストです。)

申し込み

直接協力医療機関にお申し込みください。

費用の免除

次のいずれかに該当する人は費用が免除になります。
免除を希望される人は、接種を受ける前に、下記の免除の要件に該当する書類を持参し協力医療機機関窓口に提出のうえ、接種をうけてください。

免除に該当する方

  • 生活保護を受給している世帯の方

(生活福祉課からインフルエンザ予防接種のための生活保護受給証明書をもらってください。)

  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律に基づく支援給付を受けている方

(市民生活課からインフルエンザ予防接種のため支援給付受給証明書をもらってきてください。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課 担当:感染症対策係

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?