ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2020年7月) > 結核集団感染の発生について(2020年7月30日)

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

結核集団感染の発生について(2020年7月30日)

  • 令和2年1月に市内の会社員1名が結核と診断され、接触者調査を行った結果、9名が結核に感染し、うち3名が発病する事例が確認されました。結核集団感染に該当すると判断しましたので、お知らせします。
  • なお、無症状病原体保有者・発病者に対しては、すでに適切な治療を受けており感染性は消失し、今のところ感染拡大の恐れはありません。

1初発患者の状況

  • 20代男性
  • 令和元年12月頃から咳・発熱の症状がみられ令和2年1月7日に近医受診し、翌日紹介先の医療機関で感染性肺結核と診断されました。入院治療ののち、現在は通院治療中です。

2接触者健康診断の結果

  • 令和2年2月17日から令和2年6月25日までに28名の接触者健康診断を実施し、無症状病原体保有者6名、発病者3名が確認されました。発病者は現在通院治療中です。無症状病原体保有者は発症予防のため現在予防服薬治療中です。
  • 結核の接触者健康診断は最終接触日から10週以降に検査します。

3感染経路

  • 会社主催のバス旅行と推測されます。

4保健所の対応

  • 接触者調査を行い、接触者健康診断を実施しました。治療中の方には服薬の支援を行います。

<参考>

  • 無症状病原体保有者とは:結核菌は体内にいるが、免疫で封じ込まれて活動せず潜伏している状態。周囲に感染させることはありません。
  • 発病者とは:感染した後、結核菌が活動を始め、体内で増殖している状態。症状が進むと、結核菌が咳や痰とともに空気中に吐き出され、他の人に感染させてしまう可能性があります。
  • 結核集団感染とは:同一感染源が2家族以上にまたがり、20人以上に結核を感染させた場合をいいます。また、感染者数の計算方法は、発病者1名を6人が感染したものとして計算します。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4385

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?