ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 健康づくり推進 > お酒の適量

更新日:2018年6月25日

ここから本文です。

お酒の適量

お酒は適量であれば、リラックス効果、疲労回復、血流促進、HDL(善玉)コレステロールの増加など、心身ともに良い作用をもたらしてくれます。しかし、飲みすぎは、肝臓・消化器系や脳の疾患、生活習慣病の助長、依存症などの病気を引き起こします。また、お酒自体、エネルギー量(カロリー)が高く、食欲が増してついつい食べ過ぎてしまい、肥満の原因になり得ます。

適正な飲酒量を意識しましょう

節度ある適正な飲酒量は、男性はアルコール量20g程度、女性は男性より少ない量が適当といわれています。

アルコール20gの目安
お酒の種類 アルコール度数 純アルコール量

ビール

5%

中びん1本(500ml)

日本酒

15%

1合(180ml)

ウイスキー

43%

ダブル1杯(60ml)

焼酎

25%

0.6合(約110ml)

ワイン

14%

1/4本(180ml)

缶チューハイ

5%

1.5缶(約520ml)

アルコール度数は商品によって異なりますので、商品の表示で確認しましょう。

 

適正飲酒の10カ条

  1. 談笑し、楽しく飲むのが基本です
  2. 食べながら、適量範囲でゆっくりと
  3. 強い酒、薄めて飲むのがオススメです
  4. つくろうよ、週に二日は休肝日
  5. やめようよ、きりなく長い飲み続け
  6. 許さない、他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
  7. アルコール薬と一緒は危険です
  8. 飲まないで、妊娠中と授乳期は
  9. 飲酒後の運動・入浴、要注意
  10. 肝臓など、定期検査を忘れずに

出典:公益社団法人アルコール健康医学協会

 

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4537

ファクス:046-822-4375

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?