ホーム > 療養証明書発行申請について

更新日:2022年9月26日

ここから本文です。

療養証明書発行申請について

市が発行する療養証明書以外にも新型コロナウイルス感染症に罹患したことが確認できる書類があります!

国からの関係団体に対する要請により、新型コロナウイルス感染症に罹患したことが確認できる書類は療養証明書以外に次の書類でも代用することができます。民間生命保険会社、企業や学校に証拠書類の提出を求められた際は代替書類の活用もご検討ください。

(療養証明書以外に代替書類として活用可能性のある書類の例)

  • My-HER-SYSの療養証明(下記よりHER-SYS-IDの発行依頼申込みができます)
  • 医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかるもの
  • コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書
  • 診療明細書(「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
  • 診療費請求書兼領収書(コロナ診療に関する記載が確認できるもの)
  • PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など
  • 神奈川県から送付された療養案内SMSやLINE等のメッセージ

1.療養証明書発行対象者(発生届出対象者)

療養証明書の発行ができるのは、医療機関を受診された新型コロナウイルス感染症の発生届出対象者だけです。国の事務連絡(令和4年9月12日)(PDF:1,026KB)に基づき、令和4年9月26日から対象者が変更されましたのでご注意ください。

令和4年9月25日までに医療機関で診断された方 令和4年9月26日以降に医療機関で診断された方
  • 年齢や重症化リスク等の条件なし。

以下の4類型のいずれかに該当する方

  1. 65歳以上の方
  2. 入院を要する方
  3. 重症化リスクがあり、かつ新型コロナウイルス感染症の
    治療薬の投与または新たに酸素投与が必要と医師が診断した方
  4. 妊婦の方
  • 上記の条件に当てはまらない発生届出対象外の方は療養証明書の発行はできません。

 

2.My-HER-SYSで療養証明書を表示することができます

発生届出対象者は、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症者等情報把握・管理システム(HER-SYS)」を利用すると、My-HER-SYS(マイハーシス)の画面からご自身で療養証明書を即時、表示することができます

利用にあたっては「HER-SYS-ID」を用いてMy-HER-SYSへの登録及びログインが必要です。
横須賀市からHER-SYS-IDのお知らせを希望される方は、下のe-kanagawa横須賀電子申請システムを利用して申込を行ってください。

My-HER-SYSで療養証明書をご希望される方(HER-SYS-IDの発行依頼申込み)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

e-kanagawa横須賀電子申請システム(外部サイト)

 

注意事項

  1. 同じメールアドレスを使用して、複数回の手続き申請を行う場合は、申請前にe-kanagawaの利用者登録をしてからお申し込みください。
  2. 令和4年9月25日までに「みなし陽性※」と診断された方は、My-HER-SYSで療養証明を表示することができませんのでご注意ください。(※みなし陽性とは、陽性者と同居する家族等が発症した際に、検査を行うことなく、医師の判断により臨床症状で陽性と診断された方のこと。)

手続きの流れ

  1. e-kanagawa横須賀電子申請システムでHER-SYS-ID(ハーシスID)の発行依頼を申し込む
    (注意1)SMSを利用してIDを発行します。連絡先として携帯電話番号の登録が必要です。

  2. 横須賀市保健所から、ご登録いただいた携帯電話にSMS(ショートメッセージサービス)でHER-SYS-ID及びMy-HER-SYSへの案内メールを送信します
    (注意2)申込後、3日以上経過してもSMS(ショートメッセージサービス)が届かない場合は、下記の担当までご連絡ください。

  3. 案内メールの内容をご確認いただき、送付されたURL(https://www.cov19.mhlw.go.jp(外部サイト))のサイトにアクセスし、電子メールアドレスとパスワードでログインしてください。初めてご利用する場合は、My-HER-SYSの初回登録が必要です

  4. My-HER-SYSにログインし、トップページにある「療養証明書を表示します」をクリックし、療養証明書を表示します。
    (注意3)療養証明書の画面はダウンロードできません。スクリーンショット等でご活用ください。

 

3.My-HER-SYSの療養証明書に記載される内容

「氏名、生年月日、HER-SYS-ID、傷病名、診断日、担当保健所名」が記載されます。

My-HER-SYS表示画面

(注意1)MyHER-SYSの療養証明書には療養終了日の記載はありません。

(注意2)療養証明書の画面はダウンロードできません。スクリーンショット等でご活用ください。

 

【保険金の申請でご利用の方へ】

国からの通知により、生命保険協会及び日本損害保険協会では、宿泊療養または自宅療養の期間が、厚生労働省の療養解除基準(令和4年9月7日から変更)に準じた期間の範囲内(無症状:検体採取日から7日間または検体採取日から5日目に薬事承認された検査キットによる陰性が確認できれば5日間、有症状:発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過していれば7日間。また、無症状だったが療養期間中に発症した場合は、発症日からさらに7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過したときまで。)であれば、宿泊療養または自宅療養の開始日の証明に基づき支払いを行い、宿泊療養または自宅療養の終了日の証明は求めない取り扱いとなっています。(参照:宿泊療養または自宅療養を証明する書類について(外部サイト)

 

4.My-HER-SYSの操作方法

  • My-HER-SYSの操作方法等について厚生労働省が一般専用問合窓口を開設しています。

  • お問合せ先の電話番号は、03-6885-7284または03-6812-7818になります(9時30分~18時15分土日祝除く)。

 

5.紙による療養証明書をご希望される方

My-HER-SYSによる療養証明書の利用が困難な方などで患者であることが確認できる代替書類がなく、紙での療養証明書の発行をご希望される場合は、

こちら→紙による療養証明書の発行申請について

※現在、感染急拡大の影響により、申請から発効まで1~2ヶ月かかっています。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

My-HER-SYSによる療養証明書の利用が困難な方の例

  • インターネット環境(スマートフォンやPCなど)を利用できない方
  • 「疑似症患者(いわゆる、みなし陽性)」の方(陽性者と同居する家族等が発症した際に、検査を行うことなく、医師による臨床症状で陽性と診断された方)
  • My-HER-SYSの操作や登録がわからずMy-HER-SYSを利用できない方
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性者であることが確認できる代替書類が用意できない方
  • 紙による療養証明書が必要な方

6.神奈川県の自主療養届出制度について

神奈川県では、重症化リスクの低い方で、医療機関を受診せず、抗原検査キットや無料検査により陽性が判明し、自主療養されている方に対して、独自施策として自主療養届出制度(外部サイト)を設け、療養証明書(自主療養)を発行していました。しかし、令和4年9月26日から新たに「陽性者登録窓口」が開設されたことにともない、独自施策の自主療養届出制度は終了しています。
このため、今後、陽性が判明した方におかれましては、新たに当該制度を利用した届出および療養証明書の発行はできませんのでご注意ください。神奈川県の療養証明書(自主療養)の発行は令和4年9月25日までに自主療養届出を行った方が対象です。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局健康部保健所保健予防課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4317

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?