ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 小児医療 > 小児慢性特定疾病 > 指定小児慢性特定疾病医療機関について(医療機関の方へ)

更新日:2021年1月19日

ここから本文です。

指定小児慢性特定疾病医療機関について(医療機関の方へ)

小児慢性特定疾病患者の方が、その疾病に関わる医療費の助成を受けるには、都道府県知事・指定都市長・中核市長(以下都道府県知事等といいます)の指定を受けた医療機関等(指定小児慢性特定疾病医療機関)で医療を受けることが必要となります。

指定医療機関の指定を受けるには

横須賀市に所在地がある医療機関等は、横須賀市長への申請が必要となります。横須賀市以外に所在する医療機関等の申請先は、所在地の都道府県知事または政令市長・中核市長になります。下記をご確認の上、申請手続きをしてください。

指定医療機関の要件

1,2のいずれも満たしていること。

1.以下の医療機関等であること。

  • 保険医療機関
  • 保険薬局
  • 健康保険法に規定する指定訪問看護事業者

2.法第19条の9第2項で定める欠格事由に該当していないこと。

(欠格事由の詳細は、申請書裏面に記載しています。)

指定医療機関の責務等

  • 厚生労働大臣の定めるところにより、良質かつ適切な小児慢性特定疾病に係る医療を行わなければならない。
  • 指定医療機関の診療方針は、健康保険の診療方針の例による。
  • 指定医療機関は、小児慢性特定疾病に係る医療の実施に関し、都道府県知事等の指導を受けなければならない。

指定医療機関が遵守すべき事項の詳細については、以下を参照してください。

その他留意事項

  • 指定後、申請者あてに指定通知を送付します。
  • 指定医療機関の名称、所在地を横須賀市報、横須賀市ホームページ等で公表します。
  • 指定の有効期間は、令和8年12月31日までです。

指定医療機関の窓口業務(自己負担上限額管理票等)の詳細については、以下を参照してください。

申請等の手続き

指定の申請をするとき

医療機関等が指定の申請、指定の更新の申請をしたいときは、以下をこども青少年給付課に提出してください。訪問看護については、健康保険の指定訪問看護事業者であることを証する書類の写しを添付してください。

指定申請の内容を変更するとき

指定申請の内容に変更があったとき(医療機関コードの変更をのぞく)は、変更があった10日以内に、以下をこども青少年給付課に提出してください。

<重要>

医療機関コードが変更したときは、下記の業務の廃止の届出をし、変更後の医療機関コードで新たに指定の申請をしてください。

業務の休止、廃止、再開等をするとき

指定医療機関が業務の休止、廃止、再開をするとき、児童福祉法施行規則第7条の36第2項に該当するときは、以下をこども青少年給付課に提出してください。

指定の辞退をするとき

指定を辞退するときは、辞退しようとする日の1ヶ月前までに以下を提出してください。(業務は継続し、指定小児慢性特定疾病医療機関の指定のみを辞退するとき)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部こども青少年給付課 担当:医療係

横須賀市小川町16番地はぐくみかん1階<郵便物:「〒238-8550 こども青少年給付課」で届きます>

電話番号:046-822-9729

ファクス:046-821-0424

はぐくみかん1階です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?